有機農業市場、2027年に1,838億米ドル規模到達見込み

市場の概要

有機農業市場は、2020年には961億米ドル規模に達しました。予測期間(2021年~2027年)におけるCAGRは9.8%で、2027年には1,838億米ドルに達すると予測されています。この市場は、有機食品の需要の増加、持続可能な農業の重要性の高まり、発展途上国における食品の不純物混入率の上昇などの要因によって牽引されています。また、世界の有機農業市場の成長に貢献しているその他の要因としては、農場や農業システムの研究開発への投資や、地球温暖化や気候変動への懸念の高まりなどが挙げられます。

基本的に有機農業とは、合成肥料や農薬、遺伝子組み換え種、抗生物質、成長刺激ステロイドなどの人工的な化学物質を使わずに、作物や動物などを生産することをいいます。農家は、肥料やその他の化学物質の代わりに、カバークロップ、緑肥、動物性肥料、輪作などを用いて土壌を肥やし、生物活性を最大限に高め、長期的な土壌の健康を維持します。雑草、昆虫、病気から作物を守るために、生物学的制御、輪作などの技術が用いられます。

市場の成長要因

1.持続可能な開発の重要性の高まり

持続可能な開発と健康的な食生活への関心の高まりを受けて、有機食品への需要は日々高まっています。有機農業は、難分解性で有害な農薬が環境に流入するのを年間5億ポンド防ぐことができると、Organic Trade Associationは報告しています。イギリスの環境・食料・農村地域省によると、有機農法による作物や酪農は、従来の作物や酪農に比べてエネルギー消費量が35%〜74%少ないとされています。さらに、有機農業は窒素の流出による汚染を減らし、環境を保護します。健康的な土壌形成と二酸化炭素排出量の削減は、上述の要因と相まって、世界の有機農業市場の成長を支えています。

2.発展途上国での不純物混入率の上昇

食品の不純物混入率の高まりにより、消費者が安全な食品を摂取することが難しくなっています。この問題は、厳格な対策がほとんどない発展途上国でより多く発生しています。FSSAI(インド食品安全基準局)が2018年から2019年にかけて収集した食品サンプルによると、28%が混入物と確認されました。市場における粗悪品の増加という問題に取り組むために、FSSAIは2006年に成立した食品安全基準(FSS)法に新たな項目を加えることを提案しており、FSSAIのこの動きは問題の深刻さを示しています。その結果、都市部の人々が有機的な食生活に切り替え、有機製品の需要が高まり、有機農業市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]