低侵襲手術器具市場、2027年に360億米ドル規模到達見込み

市場の概要

低侵襲手術器具市場は、2020年に217億米ドルの規模となりました。この市場は大幅に成長しており、2017年~2027年の予測期間中のCAGRは7.6%で成長し、2027年には360億米ドルに達すると予測されています。低侵襲手術器具の需要に影響を与えている主な要因は、回復時間の短縮や痛みの軽減など多くのメリットがあることから、低侵襲手術のニーズが急増していることです。さらに、開腹手術と比較して低侵襲手術の費用対効果が高いことも、低侵襲手術器具市場の成長に寄与しています。

低侵襲手術として知られる腹腔鏡手術は、体に小さな切り込みを入れて行う手術です。小さなカメラと器具を使って手術を行います。開腹手術では気になる体へのダメージを最小限に抑えることができるため、手術室での低侵襲手術の人気は爆発的に高まっています。また、低侵襲手術では、手術時間の短縮による入院期間の短縮、術後の合併症の減少、術後の痛みの軽減などが期待できます。

市場の成長要因

1.低侵襲手術への需要の高まり

従来の開腹手術よりも低侵襲手術を好む患者の傾向は急速に変化しており、低侵襲手術器具市場の成長を促進しています。その理由は、低侵襲手術では、従来の開腹手術と同様の結果が得られるだけでなく、痛みや出血が少なく、傷跡がほとんど残らないなどの利点があるからです。低侵襲手術では、小さな切開部を使用するため、術後の合併症が少なく、患者さんの体への負担も少ないです。そのため、回復も早く、少量の鎮痛剤で済む場合もあります。このような理由から、世界の低侵襲手術器具市場は高い成長率を示しています。

2.様々な慢性疾患の罹患率の増加

虫垂炎、膵炎、甲状腺疾患、過敏性腸症候群などの慢性疾患の増加に伴い、低侵襲手術の使用が増加しています。低侵襲手術は、大腸手術、心臓手術、腎臓手術、脳神経外科、泌尿器科など多くの分野で行われています。WHOによると、毎年1,600万人が70歳までに非伝染性疾患で死亡しています。このように世界的に慢性疾患が蔓延していることから、低侵襲手術器具の需要は世界的に大きく伸びています。

市場の阻害要因:新興国における熟練した外科医の不足

熟練した外科医が不足しているため、低侵襲手術は発展途上国よりも先進国で多く行われています。低侵襲手術では、手術用スコープや膨張装置などの医療機器を正確に使いこなすことが求められます。しかし、より良い報酬を求めて新興国の熟練した医師が米国や英国、ドイツなどの先進国に移住していることが、新興国における世界の低侵襲手術器具市場の成長を制限しています。

COVID-19が世界の低侵襲手術器具市場に与える影響

COVID-19のパンデミックの影響で、外科手術や低侵襲手術を含むいくつかの産業が打撃を受けました。このウイルスは感染力が非常に強く、患者と病院スタッフの両方に影響を及ぼす可能性があるため、世界各国の規制機関は直ちにすべての選択的手術を延期しました。さらに、COVID-19の感染者が急増し、医療機関に負担をかけていました。このため、人々の通院を抑制し、COVID-19に感染した患者に提供される医療の質を最大限に高めるために、低侵襲手術が延期されることになりました。その結果、低侵襲手術器具の需要が急激に減少し、市場の収益に悪影響を及ぼしました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]