粒子線治療市場、2027年までに20億1,490万米ドル規模到達見込み

市場の概要

粒子線治療市場は、治療の恩恵を受けるがん患者数の増加により成長が見込まれています。さらに、粒子線治療の分野が拡大していることで、市場に十分な機会がもたらされています。

世界の粒子線治療市場は、2020年に10億9,320万米ドルの規模となり、2021年から2027年の予測期間に9.2%のCAGRで成長し、2027年までに20億1,490万米ドルに達すると予測されています。この市場の成長は、世界的ながん患者の増加に起因しています。これにより、がん治療のための粒子線治療市場の需要が高まっています。さらに、粒子線治療は、さまざまな臨床試験研究やがん研究の調査にも使用されています。また、粒子線治療センターの増加は、市場に新たな成長機会をもたらしています。とはいえ、不十分なインフラ、高額な治療費、不利な償還政策、不十分な保険適用などの課題が、世界的に市場の成長を妨げています。

粒子線治療は、電子やより重い炭素イオンを用いて行う放射線治療の一種です。周囲の組織を保護しながら、腫瘍部位に正確で精密な放射線量を照射するために使用されます。粒子線治療はがんの治療に用いられるため、がん患者の増加に伴って急速に普及しています。Particle Therapy Co-operative Groupによると、がん治療に使用される陽子加速器は、科学研究用の施設を含めて世界で57台稼働しています。医療機器の近代化や技術の進歩により、市場機会はさらに拡大しています。粒子線治療は世界のいくつかの地域で拡大していますが、大規模なインフラの構築に伴う課題が市場の成長を遅らせています。

市場の成長要因

1.がん治療における最新の治療法への需要が市場成長の原動力

がん患者数の増加に伴い、世界中でより革新的で効率的ながん治療が求められています。粒子線治療は、前立腺がん、肺がん、頭頸部がん、小児がんなどの局所的ながん治療に効果があるとされ、その効率性と有効性が世界の粒子線治療市場の成長を牽引しています。世界では、男女10万人につき、442.4人が新たにがんと診断されています。粒子線治療は副作用が少ないことから、放射線腫瘍学の分野で注目され、がん患者の治療に広く採用されています。粒子線治療は、肺、前立腺、乳房、頭頸部など、さまざまな種類の腫瘍の治療に使用できるため、がん患者にとって最もポピュラーな治療法となっています。

2.粒子線治療の新たな展開で人気が高まる

放射線技術の進化に伴い、粒子線治療にも多くの進歩が見られるようになりました。これにより、世界中の医療関係者が粒子線治療を採用するようになりました。さらに、粒子線治療の非侵襲性と無痛性の治療メカニズムは、腫瘍分野における粒子線治療の需要を促進しています。粒子線治療の市場は、臨床試験やがん研究での利用が増えていることからも成長しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]