神経診断市場、2027年に114億米ドル規模到達見込み

市場の概要

神経診断市場は、2020年には67億米ドル規模に達しました。2017年~2027年の予測期間中、市場はCAGR8.0%で成長し、2027年には114億米ドル規模に達すると予測されています。市場の成長を促進する主な要因は、神経変性疾患の有病率の増加、診断センターの増加、効果的な治療のための早期診断に対する意識の高まりです。さらに、イメージング技術や神経診断薬の研究開発活動が、今後数年間の事業成長を牽引すると予測されています。

神経診断は、神経疾患の診断に役立つ特殊な検査です。この種の検査では、脳、脊髄、末梢神経系が正常に機能しているかどうかを判断するために、中枢神経系を分析して正確な診断を行い、効果的な治療を患者に提供します。神経診断の検査には、画像検査(MRI、PETスキャン、CTスキャン、X線)と電気的インパルス検出(EEG、EMG)の2種類があります。

市場の成長要因

1.神経変性疾患の有病率の増加

世界的な神経疾患・神経変性疾患の増加に伴い、これらの疾患を効果的に診断することが求められています。WHOによると、神経疾患は全世界の死亡原因の12%を占めています。さらに、アルツハイマー病、脳卒中、てんかん、片頭痛などの複数の疾患に苦しむ人が世界に2億7,600万人いると推定されています。今後数年間で、神経疾患の発生率が増加し、早期診断の必要性が高まっていることから、神経診断市場は世界的に有望で収益性の高い市場になると考えられます。

2.神経診断薬の技術的進歩

画像診断メーカーは、神経疾患の診断を正確に支援するための技術的進歩を自社のモダリティに取り入れることに多大な投資を行っています。例えば、メドトロニック社の製品であるStealthStation S8 Neurosurgery Systemは、脊椎の各部位を明確に可視化し、手術のナビゲーションを行います。StealthStation S8 Neurosurgery Systemは、3Dカメラ、電磁センサー、トラッキングアルゴリズム、データ処理用ソフトウェアなどの技術で構成されています。このような技術は、診断プロセス全体を合理化し、世界の神経診断市場の成長を促進します。

市場の阻害要因:診断およびイメージング技術のコスト高

画像診断技術の導入には多額の投資が必要であり、特に発展途上国や低所得国の医療施設では、これらの技術の高額なコストが導入を制限しています。一般的な超音波診断装置は2万米ドルから20万米ドル、中にはそれ以上するものもあります。一方、PETスキャナーは約200万米ドル、MRIスキャナーは約100万米ドルです。このように非常に高価であることが導入を制限し、市場の成長を制限しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]