硫酸亜鉛市場、2027年に8億9,800万米ドル規模到達見込み

市場の概要

硫酸亜鉛市場は、2020年に6億3,150万米ドル規模に達しました。市場は2021年から2027年の予測期間に5.8%のCAGRで成長し、2027年には8億9,800万米ドルに達すると予測されています。 世界の硫酸亜鉛市場の成長は、ラテックス製品の原料、顔料のリトポン、脱硫工程、コケ取り除草剤である硫酸亜鉛などの用途での需要の高まりに起因しています。農作物の亜鉛欠乏症を予防・改善するための農業における肥料添加剤としての硫酸亜鉛の最終用途や、動物飼料への応用は、今後数年間の世界の硫酸亜鉛市場に影響を与えるでしょう。世界の硫酸亜鉛市場の成長に貢献すると期待される極めて重要な要因は、人間の亜鉛欠乏症を治療するための栄養補助食品として、肥料として、また作物に栄養価を加えるための農業用スプレーとして使用されていることです。

硫酸亜鉛は、かつて白いビトリオールと呼ばれていた無機化学物質で、式はZnSO4です。結晶性の固体で、無色、無臭、無味です。水に溶けやすく、わずかに酸味があり、エタノールやグリセロールに対しては弱い可溶性を有しています。無毒で可燃性を有する硫酸亜鉛は、吸湿性があり、風化しやすい性質があります。無色透明の結晶性固体で、六水和物(ZnSO4.6H2O)と七水和物(ZnSO4.7H2O)の2種類があります。硫酸亜鉛は、WHOの必須医薬品リストにも掲載されています。硫酸亜鉛が分解すると、硫黄酸化物と酸化亜鉛が生成されます。硫酸亜鉛は様々な産業で使用されており、土壌や人間の亜鉛欠乏症を治療するための重要な物質とされています。

市場の成長要因

1.全世界での亜鉛欠乏症の増加、農薬産業の拡大

硫酸亜鉛の世界市場は、世界的な亜鉛欠乏症の増加によって牽引されています。このような増加の軌跡は、今後数年間も続くと予測されます。亜鉛が欠乏すると、成長障害、免疫機能の低下、食欲不振など、さまざまな問題が発生します。そのため、硫酸亜鉛は亜鉛欠乏症を治療するための栄養補助食品として使用されています。サイエンティフィック・リポーツ誌に掲載された論文によると、世界には11億人以上の亜鉛欠乏症患者がいるとされています。人間の亜鉛欠乏症は、食事での亜鉛の不足、亜鉛の吸収率の低下、慢性疾患などが原因で起こります。このような要因から、硫酸亜鉛の栄養補助食品の使用が世界の硫酸亜鉛市場の成長を促進しています。

2.農薬産業の拡大

肥料や飼料用サプリメントの主要原料である硫酸亜鉛は、農薬産業で大きな成長を遂げています。硫酸亜鉛は、ペカン、落葉樹の果物、ピーナッツ、綿花、トウモロコシ、柑橘類などの作物に農家が使用します。また、硫酸亜鉛は栄養強化のために牛、家禽、豚の飼料に添加されます。さらに、硫酸亜鉛をベースにした肥料は水溶性が高いため、農薬の分野で勢いを増しています。インド・ブランド・ブリーフ財団の報告書によると、2019年から2020年にかけての食用穀物生産量は2億9,665万トンに達したと推定されています。インドは世界でも有数の食用穀物生産国です。このように、農業の成長に伴う農薬産業の増加が、世界の硫酸亜鉛市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]