乾式変圧器市場、2027年に69億6,760万米ドル規模到達見込み

市場の概要

乾式変圧器市場は、石油・ガス産業の活況、エネルギー効率への要求の高まり、鉱業用途での乾式変圧器の採用の増加などにより、今後も拡大が見込まれています。

世界の乾式変圧器市場は、2020年には47億5,240万米ドルとなりました。また、予測期間中6.2%のCAGRで成長し、2027年には69億6,760万米ドルに達すると予想されています。活況を呈する石油・ガス産業、クリーンでコスト効率の高いエネルギーへの需要の高まり、鉱業用途での乾式変圧器の採用拡大などが、世界の乾式変圧器市場の成長を促進する要因となっています。

乾式変圧器は、巻線をエポキシ樹脂で封入した鋳造樹脂変圧器として一般的に知られています。乾式変圧器は、冷却用のオイルを必要とせず、完全に乾いているため、設置が容易です。また、耐火構造の保管庫に入れる必要もありません。また、保護用のエポキシ樹脂でコーティングされているため、ほこりやさびの心配もありません。乾式変圧器は屋内でも屋外でも設置可能で、石油・ガス、鉱山、船舶など幅広い用途に適しています。また、乾式変圧器は、低・中電圧を扱う用途によく使われます。

市場の成長要因

1.オイル・ガス産業の活況

石油・ガス産業は、収益規模で世界最大の産業に分類されています。ほとんどすべての国が、GDP(国内総生産)を石油・ガス産業に大きく依存しています。石油輸出国機構によると、サウジアラビアは世界の石油確認埋蔵量の約17%を支配していると推定されています。サウジアラビアの石油・ガス産業は、国内総生産の約50%、輸出収入の約70%を占めています。高い安全性と信頼性が求められるオイル・ガス業界では、そのプロセスに適した機器を選択することが非常に重要です。

オイル・ガス業界は活況を呈しており、その信頼性の高さから乾式変圧器の需要が高まっています。乾式変圧器には可燃物が含まれていないため、オイル・ガス業界で広く使用されています。さらに、オイル・ガス業界では、有害物質や機械など、さまざまなものにさらされることが多くあります。そのため、乾式変圧器のような高温に耐え、腐食しにくい特殊な機器が求められています。

2.クリーンでコスト効率の高いエネルギーへの需要の高まり

新興国の人口は時代とともに急激に増加しており、その結果、近年のエネルギー消費量は増加しています。アジア太平洋地域では、人口の増加に伴い、電力とエネルギーの需要が高まっています。世界の人口は、2030年には85億人、2050年には97億人に達すると予想されており、その結果、石油、電力、エネルギーの需要が増加し、エネルギー生成のための石油や天然ガスの使用量も増加すると考えられます。そのため、各国の政府は、今後数年間、よりクリーンで環境に優しい環境を維持するために、二酸化炭素排出量の削減に力を入れています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]