水圧破砕市場:水管理費用は1,740億米ドル超の見込み(Bluefield Research発行レポートより)

水圧破砕関連の水管理費用は2019年から2028年まで年間平均170億米ドルになると予測されています。水の需要供給拡大と水処理のニーズの高まりにより、プライベートエクイティや政府系ファンドの支援を受ける多くの中流水道会社が今後の市場機会を伺っています。

Bluefield Researchによると、水圧破砕における水管理市場は、2017年以降12%のCAGR (年間複合成長率) で推移し、安定した成長を維持しています。水の供給、輸送、処理、貯蔵、および廃棄の支出は2017年の111.4億米ドルから2019年末には154.9億米ドル規模に到達すると予測されました。

「水圧破砕における水管理は、ただ単に最近の中流水管理の成長、30以上のプライベートエクイティや金融会社からの投資の波に支えられているわけではありません」とBluefield Researchのリース・ティスデイル社長は指摘します。 「水圧破砕業界で大きな割合を占める水の輸送コストは、業界のバリューチェーンに沿って、水専門業者、エネルギーサービス企業、技術プロモーターなど57を超える水管理会社で導入されるようになりました。」

最も積極的に活動が行われているのはパーミアン盆地であり、そこにはアクティブな水平掘削装置の47%が設置されています。米国内で最も活動的な10つの郡のうち、8つはテキサス州西部とニューメキシコ州東部にまたがるパーミアン盆地にあります。過去2年間、パーミアン盆地だけで30超の水圧破砕のための水輸送プロジェクトが存在しています。

過去1年間の原油価格帯は50.88米ドルから64.93米ドルでした。一部では市場の軟化が指摘される中、中流の水管理への需要は依然として堅調です。より効率的な掘削手法に加え、時として井戸当たり1500万ガロンも必要とされるなど、大量の水への需要が創出されています。

世界のエネルギー市場が1バレルあたり40ドル以下に向かってスパイラルに陥った2015年、水圧破砕に対する水の信頼が高まりました。その結果、水管理は業界の中で大きなシェアを占めるようになりました。Bluefield Researchは、水と生産水(廃水)の管理に積極的な69の企業の買収を特定しました。初期の取引フローの一部は、業績不振や倒産した企業の統合から生じたものですが、最近ではブラックストーンやシンガポールを拠点とするGICが33億米ドルの投資を行うなど、さらなる関心の高まりを示しています。

Bluefield Researchは、前回の市場崩壊以来2つの抜本的な変化があったと示唆しています。まず、米国における上流の石油およびガスの価格変動への弾性が水道事業者向けに高まり、関連インフラへの投資の増加を促すようになりました。第二に、水管理戦略は、水管理に費やす総額の約49%にあたる水移動に焦点をあてるようになりました。

「とは言っても、私たちのリサーチチームは、エネルギー市場が移り気な性質であることを認識しています。それは歴史的に実証されており、水圧破砕に利用される水という比較的新しいセクターにおいても同様です。このため、Bluefieldは、「市場崩壊」、「水不足」、「中流水」、そして「“drill baby drill”(掘れ!掘れ!)」の4つの予測シナリオの開発に重要な変化のレバーを配置しました。極端な場合、これらのさまざまな見通しは、市場のダイナミクスに影響を与える可能性のある地政学、規制、および経済の変化から構成される8,600万米ドルの変動を示しています。」

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]