デジタルウォーター市場:データの需要増が投資を促進、2030年までに920億米ドルへ(Bluefield Research発行レポートより)

米国およびカナダにおける水道事業のデジタル化(デジタルウォーター)は、今後10年間、6.5%のCAGR (年間複合成長率) で成長すると予測されています。これはより広範囲の地方自治体の上下水道セクターの成長率を遥かに上回るペースです。同時期のデジタルウォーターソリューションの年間資本支出は2019年の54億米ドルから2030年には108億米ドルに増加し、重要なインフラのより高度な監視と管理を実現させるための整備を行います。

当レポートによると、コネクテッドハードウェア、ソフトウェアソリューション、およびデジタル対応プロフェッショナルサービスへの公益事業支出は、12年間で合計926億米ドルに達すると予測されています。この投資は、新たに利用可能になった技術ソリューションの波、顧客の期待の高まり、および公益事業リーダーたちが金銭的、環境的圧力に対処するためのデータ依存によって触媒されています。

Bluefield Researchのデジタルウォーター分野のリサーチディレクター、エリック・ビンドラー氏は、次のように指摘しています。「デジタルウォーターは、都市用水の最もダイナミックな一面になりつつあります。これは、水の成長率が歴史的とも言える2%を超えていることからも明らかです。スマートテクノロジー、5Gなどの通信プラットフォームの変化、自動化、予測分析を活用することで、都市や公共事業者は、コストのかかる上下水道インフラの問題に対処できるようになります。」
Bluefield Researchのアナリストチームは、複雑なデジタルウォーターソリューションとアプリケーションを5つの主要なテクノロジーセグメントとその基礎となる19のサブセグメントに分類しています。

さらに、ビンドラー氏は次のように続けます。「メーターは、電力会社がデジタルウォーターへ初めて進出するケースとしてしばしば代表されるようにデジタルウォーター部門の本質であり、予測される投資の41%を占めています。メーターは、公益事業ネットワークと顧客の間のインターフェイスに位置し、ネットワークインフラのステータスと顧客の行動に関する重要なデータと洞察を公益事業に提供しています。」

最も急速に成長している技術セグメントは情報管理です。市場全体に占めるシェアはまだ3%ですが、このセグメントは15%のペースで成長しています。顧客サービス、運用、財務など、分析のために収集、整理、活用されたすべての公益事業部門からのデータフローの増加により成長の速度が加速されています。

大規模な公益事業もネットワークと水損失、老朽化したインフラ、予期せぬ気候変動などを含む顧客の課題に対処するため人工知能に目を向けています。Bluefieldは、AIテクノロジーが2030年までに63億ドルの計画投資を見込み、大きな市場機会を創出すると予測しています。

「データは引き続きビジネス戦略において不可欠な役割を果たし、水道業界も例外ではありません。あらゆる規模の公益事業がネットワークパフォーマンス、顧客関係、インフラ投資の決定を改善させるデータの価値を認識するため、今後デジタルウォーターの採用はますます主流になると予想されます」とビンドラー氏は指摘します。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]