再生医療市場、2020年から2030年にCAGR 13.99%で成長見込み

市場概要

細胞・遺伝子治療は最も急速に進化しているダイナミックな市場の一つであり、再生医療市場は、2020年から2030年の予測期間においてCAGR 13.99%で成長すると予想されます。この市場を牽引しているのは、ヘルスケアの巨大企業の統合が進んでいること、再生医療の臨床試験数が増加していること、承認や市場参入を促進する規制環境が整っていること、幹細胞治療薬の認知度が高まっていることなど、特定の要因が再生医療市場の成長を促進しています。

再生医療は、病気や障害の根本原因の治療をターゲットにすることで、現在の医療行為に挑戦しており、非常にエキサイティングな空間に変化しています。しかし、このような進歩には大きな課題や不確実性がつきもので、再生医療の可能性を最大限に発揮するためには、これらを克服する必要があります。

再生医療の中でも、細胞・遺伝子治療は、欧米などの先進国を中心に、ゆっくりと着実に医療のスタンダードになりつつあり、組織工学や幹細胞の市場が確立されていることが、世界の再生医療現象を牽引しています。細胞・遺伝子治療は、急速に進歩していますが、主に血液悪性腫瘍を対象としています。しかし、その可能性は固形がんでは再現されておらず、固形がんに特化した細胞治療が求められています。そのため、固形がんにも有効なナチュラルキラー(NK)細胞を中心とした次世代の治療法の研究と臨床応用が進められています。こうした動きは、精密医療の真の可能性を実現するために、業界を一貫して後押ししています。

競合状況

世界の再生医療市場は、主に生命を脅かす疾患の治療のために臨床医をサポートする新製品を提供することを目的として、いくつかの開発が行われています。再生医療製品の主要メーカーは、研究開発の成功を商業的な臨床に結びつけるために、重要な事業戦略に積極的に取り組んでいます。組織工学や幹細胞は依然として主要な製品分野ですが、細胞治療や遺伝子治療の登場は、再生医療現象に革命をもたらし、精密医療の領域へと移行しています。 地域別では、北米が再生医療市場で最大のシェアを占めています。これは、多くの先進的な治療薬の臨床試験が行われていること、政府による多額の資金提供、大手企業による事業拡大、先進的な治療法の採用率が高いことなどが理由です。また、2020-2030年の予測期間中、アジア太平洋地域が最も速いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]