固形腫瘍検査市場、2020年から2030年にCAGR6.09%で成長見込み

市場の概要

固形腫瘍検査市場は成長市場の一つであり、予測期間である2020年から2030年の間に6.09%のCAGRで成長すると予測されています。この市場は、診断、予後、治療など様々な用途のがん研究において、次世代シーケンサー、インサイチュ・ハイブリダイゼーション、ポリメラーゼ連鎖反応などの様々な技術をベースにした先進的なソリューションの開発が求められていることが背景にあります。

図: 固形腫瘍検査の世界市場スナップショット

この市場は、予後、診断、治療のためのハイスループット、迅速、高感度、マルチパラメトリックなソリューションの開発によって支えられています。また、世界的にがんの罹患率が徐々に増加していることも、固形腫瘍検査市場の拡大につながっています。

さらに、いくつかの受託研究機関が固形腫瘍検査サービスの開発に注力しています。このサービスを利用すれば、前臨床試験を低コストかつ短期間で実施することができます。

競争状況

世界的なレベルで精密医療の適用が急激に増加していることから、企業の間では、疾患の生物学や病理学を理解するために、細胞間の相互作用や組織の不均一性に関する情報を提供する高解像度の多重診断法の開発に投資することが話題になっています。クエスト・ダイアグノスティックス社(Quest Diagnostics Incorporated)は、技術的に高度なソリューションを提供し、市場に積極的に参入していることから、この市場のパイオニアであり、重要な競合企業となっています。

その他の主要プレイヤーは、アボット・ラボラトリーズ、イルミナ社、F. ホフマン・ラ・ロシュ社、バイオ・ラッド・ラボラトリーズ社、Beijing Genomics Institute (BGI)、QIAGEN N.V.、ASURAGEN, INC.、NeoGenomics Laboratories, Inc.、Invivoscribe, Inc.、Inviate Corporation、Opko Health、Laboratory Corporation of American Holdings、OmniSeq、Guardant Healthなどです。

地域別では、北米が世界の固形腫瘍検査市場で最大のシェアを占めています。これは、同地域における医療インフラの整備、一人当たりの所得の増加、最先端の研究室や研究機関の存在などが要因となっています。また、2020年から2030年までの予測期間中、欧州は6.45%という最速のCAGRで成長すると予想されています。 世界の固形腫瘍検査市場では、次世代シーケンシング、インサイチュ・ハイブリダイゼーション、免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応などの技術を駆使して、がんの治療に向けた包括的なアプローチを行うための高度な診断ツールを開発しています。癌の発生率の上昇と世界的ながんの増加は、この市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]