テレマティクス保険市場、2025年まで走行距離連動型が優勢の見込み

市場概要

テレマティクス保険は、過去の実績ではなく、現在の運転行動に基づいた保険プログラムで、ブラックボックス保険と呼ばれることもあります。テレマティクス保険は、エンジンドライバーにカスタマイズされたパフォーマンス保険料をマッチングするように設計されています。一部の保険会社では、ブラックボックス化を実施することで、走行距離連動型(PAYD)や運転行動連動型(PHYD)の自動車所有者向けの保険を確立しようとしています。ほとんどの場合、保険会社は、標準的な保険契約で認められている年間走行距離数に基づいて、ドライバーに固定保険料を提示します。PAYDやPHYDの場合、自動車の運転者は、走行距離に応じて使用した分だけ支払うことになります。PAYDやPHYDは、ブラックボックス装置やアプリケーションによって記録された走行距離に対してのみ保険会社がユーザーに請求するため、利用ベースの保険(UBI)とも呼ばれています。 自動車業界では、自動運転車の需要が高まっていることや、ドライバーによる保険金の誤請求が増加していることが、世界的なテレマティクス保険の普及に重要な役割を果たしています。また、スマートフォンの普及により、保険料の管理やドライバーの行動を容易に把握できるようになったことも、テレマティクス保険市場の成長に拍車をかけています。

テレマティクス保険市場は、タイプ別に、走行距離連動型(PAYD)と運転行動連動型(PHYD)に分けられます。テレマティクス保険市場では、予測期間中、走行距離連動型が優位性を維持すると予想されます。

テレマティクス保険市場は、販売チャネル別に、OEMとアフターマーケットに分けられます。テレマティクス保険市場では、予測期間中、アフターマーケット分野が優位性を維持すると予想されます。

テレマティクス保険市場をデバイスタイプ別に分類すると、スマートフォン、車載デバイス、ブラックボックス、OEM組み込みになります。テレマティクス保険市場では、予測期間中、スマートフォンセグメントが優位性を維持すると予想されます。

テレマティクス保険市場をアプリケーション別にみると、乗用車セグメントと商用車セグメントに分けられます。乗用車セグメントは、2019年のテレマティクス保険市場において金額ベースで優位に立っており、予測期間を通じてその優位性を維持することが予想されます。

地域別では、テレマティクス保険市場は、アジア太平洋・日本、欧州、英国、中国、北米、その他の地域に分けられています。各地域は国別に区分されています。これらの地域および国ごとのデータは、製品タイプおよびアプリケーション別に提供されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]