スマートシティ、自動運転車、6G市場の推進要因に

市場の概要

NTTドコモが6Gの開始年を2030年と発表したように、6Gの市場はまだ始まっていません。 6G市場の最も重要なステークホルダーである通信会社は、現在、5Gの周波数帯の開発に注力し、4Gから5Gへの移行に向けて取り組んでいます。現在、6Gの焦点は研究開発に限られています。そのため、スマートフォンメーカー、半導体ベンダー、スマートテクノロジーベンダー、その他の重要な技術志向の企業などのほとんどが、6Gの周波数帯を利用したアプリケーションの開発に注力しています。これらのアプリケーションには、スマートシティ、エッジデバイス、自動運転車、ホログラフィック通信、衛星通信などがあります。このような開発は、支持される6G技術の開発を後押しし、最終的には6G市場に大きな影響を与えることが予想されます。

6G産業の主な推進要因は、接続性を重視する傾向が強まっていることと、IoTやブロックチェーンなど最近開発された技術における6G通信の需要が高まっていることです。したがって、このような接続性に依存する技術の商業化は、6G技術の特徴である高速インターネットや遠隔地との接続性によって後押しされることになります。市場に大きな影響を与えるもう一つの核心的要因は、急速な都市化と通信が人間の生存のための基本的権利となっていることです。多くの人々が、より多くの機会とより良い生活を求めて大都市に移住しています。この移住には、通信と接続性が重要な役割を果たしています。また、スマートシティの推進に向けた取り組みの増加や都市人口の増加も、6G技術の導入に大きな影響を与えると考えられます。

競合状況

6G市場の競合状況は、通信業界やエレクトロニクス業界の大手企業が、市場でのプレゼンスを早期に獲得するために行っているさまざまな戦略で構成されています。通信事業者や家電メーカーが採用している戦略には、新製品の投入、事業の拡大、パートナーシップ、コラボレーションなどがあります。その中でも、通信事業者とエレクトロニクス事業者が採用した戦略は、パートナーシップ、コラボレーション、ジョイントベンチャーが最も顕著です。競合状況を把握することで、業界における主要なビジネス戦略、現在の競合他社、市場に参入している可能性のある将来の競合他社などを理解することができます。

6G市場は長期的に成長することが見込まれており、企業は競争の激しい市場で生き残るために協力的な戦略を打ち出す必要があります。同一の製品ポートフォリオを持ち、さらなるリソースを必要とする企業は、しばしば提携してジョイントベンチャープログラムを実施します。この戦略は、この市場のプレーヤーが広く採用している戦略です。例えば、2021年1月、グーグル・クラウドとノキアは、クラウド・ネイティブな5Gコアで協力し、ネットワーク・エッジを企業向けのビジネス・サービス・プラットフォームとして開発するためのパートナーシップを締結しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]