精密精神医学市場、2021年から2026年にCAGR 17.26%で成長見込み

市場の概要

精密精神医学市場は最も急速に進化しているダイナミックな市場の一つであると考えられます。精密精神医学市場は、2021年から2026年の予測期間において、17.26%のCAGRで成長すると予想されています。この市場は、シーケンスコストの低下、無機的な成長戦略の採用の増加、世界的なメンタルヘルスの負担増など、特定の要因が精密精神医学市場の成長を後押ししています。

この市場は、精神疾患の診断や評価に用いられる分子診断の分野の発展に支えられています。現在、精密精神医学市場は、シークエンスコストの低下、無機的な成長戦略の採用の増加、世界的な精神疾患の増加などにより、盛り上がりを見せています。また、精神疾患の発症や症状に関連するゲノムやプロテオミクス解析を行うために、研究者が高度な分子診断技術を採用していることも、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。

さらに、バイオテクノロジー企業は、臨床医による詳細な分子解析をサポートするために、様々なアプリケーションに対応した堅牢な精密精神医学ソリューションの開発に注力しています。

競争状況

精神疾患の患者数が急増していることから、バイオテクノロジー企業は、精神疾患を評価するための分子診断法の開発に投資し、臨床医が精密医療を提供できるようにしようとしています。クエスト・ダイアグノスティックス社は、多様な製品ポートフォリオと強力な市場浸透力により、精密精神医学のエコシステムにおける先駆者となっています。

地域別では、精神疾患の研究のために政府機関から多額の資金が投入されていること、精神疾患の有病率が増加していること、精密医療に対する意識が高まっていること、早期発見に対する意識が高まっていることなどから、北米が精密精神医学市場で最大のシェアを占めています。また、アジア太平洋地域は、2021-2026年の予測期間中、20.54%の最速CAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]