スマート照明市場、2025年まで有線セグメントが優勢見込み

市場概要

世界的なエネルギー需要の増加は、エネルギー価格の上昇、エネルギー供給の逼迫、気候変動とそれに関連する負債への不安の増大の原因となっています。照明分野は、家庭、商業、産業の各分野で電力の大半を消費しています。照明は、世界の総電力消費量の15%、温室効果ガス排出量の5%を占めています。今後の世界経済は、特に中国やインドなどの発展途上国のエネルギー需要の増加に伴い、より多くのエネルギー資源を消費することが予想されます。さらに、化石燃料の使用に伴う気候変動のリスクにより、エネルギーの供給がますます困難になっています。エネルギー需要の増加と環境への配慮の中で、スマート照明は人気を博しており、今後数年間で注目すべき成長が見込まれています。建物にスマート照明を導入することで、エネルギーコストの50%を節約することができ、ユーザーの生産性と快適性を高めることができます。

スマート照明市場は、コンポーネントタイプに基づいて、フィクスチャと制御に分類されています。予測期間中、フィクスチャカテゴリは優位性を維持すると予想されます。さらに、器具は主要製品であるコンパクト蛍光灯(CFL)、発光ダイオード(LED)、有機発光ダイオード(OLED)、高輝度放電(HID)ランプ、プラズマランプに細分化されます。制御カテゴリーはさらに、センサー、マイクロプロセッサーとコントローラー、調光器とスイッチ、ワイヤレストランスミッターとレシーバー、バラストとLEDドライバーに細分化されています。

スマート照明市場を技術別に見ると、有線技術と無線技術に分類されます。2020年の世界のスマート照明市場では、有線セグメントが優勢であり、予測期間を通じてその優勢を維持すると予想されます。

アプリケーション別では、世界のスマート照明市場は、住宅、商業、工業、屋外、自動車に分類されています。スマート照明は、住宅用アプリケーションで最大の利用があります。スマートホームの増加とカスタマイズによるメリットが、住宅用途におけるスマート照明市場の成長を後押ししています。

スマート照明市場は、地域別に、アジア太平洋・日本、欧州、英国、中国、北米、南米、中東・アフリカに分類されています。各地域は国別に区分されています。これらの地域と国のそれぞれのデータは、アプリケーション、コンポーネントタイプ、技術別に提供されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]