体細胞遺伝子検査市場、2020年から2030年にCAGR 9.30%で成長見込み

市場概要

当社のヘルスケア専門家は、体細胞遺伝子検査業界は最も急速に進化しているダイナミックな市場の一つであり、体細胞遺伝子検査市場は、2020年から2030年の予測期間においてCAGR 9.30%で成長すると予測しています。この市場を牽引している要因としては、世界的ながん罹患率の増加、オーダーメイドのがん治療に対する消費者の意識の高まり、シーケンスコストの低下、市場における無機的な成長戦略の採用の増加などが挙げられます。

図: 体細胞遺伝子検査市場の概要

体細胞遺伝子検査市場

体細胞遺伝子検査市場は、がんゲノミクス分野の発展と、体細胞変異解析などの属性によって支えられています。体細胞遺伝子検査市場は、がん罹患率の増加、オーダーメイドのがん治療に対する消費者の意識の高まり、シーケンスコストの低下、市場における無機的な成長戦略の採用の増加などにより、大きな成長を遂げています。さらに、研究者ががんのゲノム研究を行うためにシーケンス装置を急速に導入していることや、精密医療の重要性が高まっていることなども、市場の成長を促進する重要な要因となっています。

さらに、バイオテクノロジー企業は、臨床医による体細胞変異の詳細な分析をサポートするために、様々なアプリケーションに対応した堅牢な体細胞遺伝子検査ソリューションの開発に注力しています。

競争状況

がん患者数の急激な増加に伴い、バイオテクノロジー企業は、体細胞変異解析のためのがん診断ソリューションの開発に投資しており、それによって臨床医ががん治療のための精密治療を提供できるようになっています。サーモフィッシャーサイエンティフィック社は、多様な製品ポートフォリオを持ち、市場に深く浸透していることから、この分野のパイオニアとして、この市場で重要な競争相手となっています。

地域別では、北米が体細胞遺伝子検査市場で最大のシェアを占めています。これは、がん研究を行うための政府機関からの資金投入が多いこと、がんの有病率が増加していること、精密医療に対する意識が高まっていること、がんの早期発見に対する意識が高まっていることなどによるものです。また、2020-2030年の予測期間中、アジア太平洋地域が最も速いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]