細胞・遺伝子治療薬デリバリーデバイスの市場規模、2030年に375,130米ドル到達見込み

市場概要

細胞・遺伝子治療のドラッグデリバリー産業は、その可能性がまだ始まったばかりの、変革をもたらす産業です。細胞・遺伝子治療は、ドナーから細胞やタンパク質、遺伝物質(DNA)を採取し、それらを変化させることで、高度に個別化された治療を行うものです。細胞・遺伝子治療は、従来の医薬品よりも効果が長続きする可能性があります。細胞・遺伝子治療業界の重要な医薬品の一つは、CAR-T細胞ベースの医薬品で、細胞治療と遺伝子治療の両方を含みます。様々な市場のプレーヤーが、細胞・遺伝子治療業界の研究開発に積極的に投資しています。これらの企業は、患者の重要なニーズを満たす、改良された新製品を提供しています。細胞・遺伝子治療薬デリバリーデバイス市場は、2019年に55,750米ドルと評価されましたが、予測期間中のCAGRは16.61%を記録し、2030年には375,130米ドルに達すると予想されています。

この成長は、がんや慢性疾患の有病率の増加、細胞・遺伝子治療市場における資金調達の増加、希少疾患に対する新たな治療法の開発ニーズの高まり、バイオ医薬品の研究開発費の増加、細胞・遺伝子治療のFDA承認数及び臨床試験数の増加など、この市場の主要なドライバーに起因しています。細胞・遺伝子治療市場は、薬事承認や強力なパイプラインなど、その領域に潜む様々な潜在的成長機会により、大きな成長率が期待されています。

新しい細胞・遺伝子治療は、生物工学的手法を用いて、体内の健康な組織を温存しながら病気と闘う免疫システムの能力を向上させるものです。例えば、抗体ベースの治療法では、T細胞ががん細胞との相互作用を強めることで、T細胞の効果を高めることができます。他にも、CAR-Tとがん細胞の相互作用に複雑性を持たせることで、正常な細胞へのダメージを抑えながら、T細胞のがん標的能力をさらに鋭くすることができるような改良が施されています。世界的な高齢者人口の増加、がん患者数の増加、遺伝性疾患の増加により、細胞・遺伝子治療薬デリバリーデバイス市場の需要が大幅に増加することが予想されます。

さらに、企業は、細胞・遺伝子治療および関連するドラッグデリバリーデバイスの研究開発に莫大な投資を行っています。近年、様々な遺伝性疾患や慢性疾患の臨床試験が増加しており、これが将来的に細胞・遺伝子治療薬デリバリーデバイス市場を活性化させるでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]