希少疾患診断市場、2020年から2030年にCAGR 8.57%で成長見込み

市場概要

希少疾病診断は、全ゲノムおよびエクソームシーケンスの技術が初めて実用化されて以来、大きく成長していますが、その成長を定量化し、将来のトレンドを説明することが重要となります。ゲノム検査業界は急成長しており、その成長は今後も急速なペースで続くと予想されています。しかし、このままでは将来の成長に水を差すことになりかねない重大な課題があります。

当社のヘルスケア専門家は、希少疾患診断が最も急速に進化している技術の一つであると考えており、2020年から2030年の予測期間において、同市場はCAGR 8.57%で成長すると予測しています。

疾患の予測、診断、治療、モニタリングのためのより優れたツールを求める満たされない臨床ニーズが、シーケンス産業の成長を促す重要な要因として作用しています。その他の成長要因としては、疾患の分子基盤に対する理解の深まり、患者の需要、業界の投資、FDAの承認なしにテストの販売を許可する規制などが挙げられます。

先進的なシーケンス業界は急速に成長していますが、今後の成長を促進するためには、いくつかの重要な課題があります。シーケンス検査の結果を提供するための総コストが他の技術プラットフォームに比べて相対的に高いことや、支払者による適用範囲が限られていることが、この業界の成長にとって重要な課題となっています。全ゲノムおよびエクソームシーケンスは、初期設備投資、専門的な人材、時間のかかるバリアント解釈が必要なため、依然として比較的高額です。

本調査レポートでは、市場を疾患タイプ、製品、サンプル、年齢層、検査タイプ、技術、エンドユーザー、地域別に分類しています。これらのセグメントでは、一次・二次データの分析結果を用いて、予測される数年間の市場のスナップショット、市場収益の傾向、基本的なパターン、トレンドをカバーしています。

競争状況

次世代シーケンサーの利用が世界的に急増していることから、企業は希少疾患の診断に使用される次世代シーケンサーの製品やサービスへの投資を進めています。多様な製品ポートフォリオと強力な市場浸透により、全ゲノムとエクソームはこの分野の先駆者であり、この市場における重要な競争相手となっています。

地域別では、北米が最大のシェアを占めています。これは、同地域における医療インフラの整備、国民一人当たりの所得の増加、償還制度の改善などによるものです。また、ラテンアメリカとアジア太平洋地域は、予測期間中に最も速いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]