産業用微生物市場、2030年に131億8,120万米ドル到達見込み

市場概要

遺伝子操作された細胞が新製品を作ることができるようになったことで、産業微生物学のプロセスに革命が起こりました。遺伝子導入や遺伝子工学などの技術により、発酵産業の生産性が向上しました。バイオプロセスの使用により、産業界は高品質の製品を提供できるようになりました。現在、産業用微生物学の応用は、従来の食品・飲料業界での応用に加えて、治療、診断、環境保護、鉱物の回収、農業などの分野でも拡大しています。

産業用微生物市場は、2019年には56億420万米ドルと評価されましたが、2020年から2030年までの予測期間中に8.36%のCAGRで推移し、2030年には131億8,120万米ドルに達すると予想されています。この市場成長の主な要因は、産業微生物学の分野における研究の活発化、研究者の新種の微生物に対する意識の高まり、消費者製品への嗜好の高まり、製薬・バイオテクノロジー業界における研究開発や共同研究の増加、病原体検出のための迅速な無菌試験法の使用などです。

産業用微生物市場は、過去10年間で高い成長を遂げています。産業用微生物製品の需要が増加している主な要因としては、産業用食品と安全性の重要性の高まり、研究者の間で新種の微生物に対する認識が高まっていること、食品における病原体検査の需要が増加していること、産業用微生物学のさまざまな分野で研究活動が活発化していること、製品の自動化が進んでいること、企業間の共同研究が増加していることなどが挙げられます。

さらに、企業は産業用微生物製品の革新に向けて巨額の投資を行っています。企業がとっている主な戦略には、地理的拡大と製品ポートフォリオの強化を目的とした新製品の発売やM&Aがあります。例えば、2019年2月、bioMerieux SAは、食品・飲料の分子検査を専門とする米国のInvisible Sentinel社を買収し、産業用微生物検査製品のポートフォリオにVERIFLOWプラットフォームを追加しました。VERIFLOWは、食品や飲料、ワインやビールに含まれる病原菌や腐敗菌を検出するための革新的な分子生物学的ソリューションです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]