細胞・遺伝子治療薬製造品質管理市場、2020年から2030年にCAGR 22.80%で成長見込み

市場概要

当社のヘルスケア専門家は、細胞・遺伝子治療薬の製造品質管理は最も急速に進化しているダイナミックな市場の一つであり、2020年から2030年の予測期間において、細胞・遺伝子治療薬の製造品質管理市場はCAGR 22.80%で成長すると予測しています。この市場は、がんや慢性疾患の有病率の増加、細胞・遺伝子治療の臨床試験数の増加、細胞・遺伝子治療市場への着実な投資と統合、良好な規制環境などの特定の要因が、細胞・遺伝子治療薬の製造品質管理市場の成長を後押ししています。

図: 世界の細胞・遺伝子治療薬製造用品質管理市場のスナップショット

細胞・遺伝子治療薬製造用品質管理市場

製造は、先進的な治療法を患者に普及させるための重要な役割を担っており、革新的な治療法の全体的な採用の成長を支える一貫した原動力となっています。品質管理は、特に細胞治療や遺伝子治療のような先進的な治療法を考えると、製造の重要な側面です。利益の創出はさておき、治療薬のコストは主に製造コストの最適化によってコントロールすることができます。そのためには、品質管理をはじめとする基礎的な要素におけるコストの最適化も必要となります。現在、大多数の規制当局が迅速な検査技術を義務付けていますが、CDMOの強豪企業は、NGSやPCRなどの高度な技術に基づいたサービスや製品の提供をすでに開始しています。これらのマーケットリーダーは、より多くの細胞や遺伝子のイノベーターを集めるための魅力的なプロモーションツールとしてだけでなく、ユニークな製品やサービスを提供する中小企業を買収することで、業界内の統合を推進しています。その結果、市場には非常に大きなダイナミズムがあり、小規模な発展途上国でも細胞・遺伝子治療へのアクセス全体を促進しています。

本調査レポートでは、市場を製品、プロセス、分析方法、技術、地域に基づいて分類しています。各セグメントでは、入手した一次・二次データの分析結果を用いて、予測年の市場のスナップショット、市場収益の傾向、基本的なパターン、トレンドをカバーしています。

競争状況

急速な技術開発と大手企業の同時採用により、世界の細胞・遺伝子治療薬製造品質管理市場は、精密治療バイオスフィア内の大手企業にとって最も有利な機会の一つとなっています。この市場では、巨大企業と新興企業の両方が重要な役割を果たしており、メーカーとエンドユーザーにとって非常に有益な市場へと急速に発展しています。主にヨーロッパを拠点としていますが、Merck KGaAやLonza Group AGなどのマーケットリーダーは、北米やアジア太平洋地域での細胞や遺伝子の製造を可能にするために最前線に立っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]