低侵襲消化管手術システム市場、2031年に104億4,100万米ドル到達見込み

低侵襲性消化管手術システムの世界市場の概要

現在、低侵襲消化管手術システム市場は、市場の状況が大きく変化しています。医療インフラの整備への投資が増加し、手術支援における効率的で有望な結果を示す証拠が増えています。そのため、低侵襲性消化管手術システム市場の潜在的な成長機会につながっています。さらに、MIS手術システムを開発している新興企業の参入も盛んになっています。これらの要因により、世界全体で低侵襲消化管手術システムの売上が大幅に増加しています。

低侵襲性消化管手術システムの世界市場(2020-2031年)

低侵襲消化管手術システム市場は、2020年には50億2,180万米ドルとなり、2021年~2031年の予測期間中に6.8%のCAGRで成長し、2031年には104億4,100万米ドルに達すると予測されています。臨床上の意思決定の複雑化、放射線技師の作業量の増加、膨大な研究開発投資などが市場成長の主な要因となっています。これらの要因に加えて、市場の成長を阻害する大きな課題や阻害要因があります。これらの課題には、熟練した専門家の不足、低侵襲消化管手術の高額な費用、制限された償還制度などがあります。したがって、これらのトレンドは、予測期間中の低侵襲性消化管手術システム市場に大きな影響を与え、市場は何倍にも成長すると予想されます。

競争状況

低侵襲消化管手術システム市場は、大規模なものから小規模なものまで、数多くのメーカーやベンダーで構成されています。現在、医療分野におけるテクノロジーの導入が進んでいることから、市場に参入しているメーカーには、提供する製品を拡大し、市場で強固な足場を築くための機会が豊富にあります。

2015年1月から2021年1月までの間に、市場では約25件の規制・法的整備、11件の新規提供、44件のパートナーシップ・提携・事業拡大、4件の資金調達活動、7件のM&A活動が行われました。共同事業、コラボレーション、パートナーシップは、市場での強固な足場を確立するために多くのプレイヤーが採用した最も頻繁に行われる戦略の一つです。

市場に参入しているほとんどのメーカーは、新しい低侵襲消化管手術システムを開発し、市場で確固たる地位を築くための重要な戦略として、他社だけでなく、大学や研究機関との共同研究や提携を取り入れています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]