自動運転車用プロセッサー市場、2030年に420億米ドル到達見込み

市場概要

自動運転車用プロセッサー市場は、2019年には金額ベースで50億7,000万米ドルを占め、2030年には420億米ドルに達すると予想されています。同市場は、2020年から2030年の予測期間中、22.98%のCAGRで成長すると予想されています。北米地域は、2020-2030年の予測期間中、24.09%の大幅な成長が見込まれています。

競合状況

自動運転車用プロセッサー市場の競合状況は、e-モビリティ業界の主要プレイヤーが市場シェアを獲得するために行った様々な戦略で構成されています。自動運転車用プロセッサーメーカーが採用している戦略には、新製品の発表、事業拡大、合併、パートナーシップ、協力関係などがあります。これらの戦略の中で、自動運転車用プロセッサー市場の競争環境において実施される戦略としては、パートナーシップ、買収、合併がよく選択されています。最も著名なエコシステムプレーヤーには、Intel、Qualcomm Technologies、Tesla、  NVIDIAなどがあります。M&Aの代表的な例としては、NVIDIAとARM Inc.があります。2020年9月、同社はSBGとソフトバンクからARM Limitedを400億米ドルで買収する計画を発表しました。業界第2位の買収をリードしているのがIntel Corporationです。同社は2017年3月にイスラエルのMobileyeを157億米ドルで買収しました。第3位の買収は承認段階にあります。Xilinx社は2021年度にAMDに買収され、ターゲット市場とともにAMDのプロセッサーポートフォリオを拡大します。

製品の発売は、製品提供とグローバルフットプリントを強化するために市場のプレイヤーが採用するもう一つの好ましい戦略です。例えば、2019年12月、NVIDIAは、DRIVE AGX Orinという新しい高度な自動運転プラットフォームを発表しました。Orin SoCは、NVIDIAのGPU、Arm Hercules CPUで構成されており、毎秒200兆回の演算を行うことができ、Xavier SoCの約7倍の性能を有しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]