ゲノムデータ分析・解釈市場、2020年から2030年にCAGR10.21%で成長見込み

市場概要

ゲノムデータ分析・解釈業界は最も急速に進化しているダイナミックな市場の一つであり、ゲノムデータ分析・解釈市場は、2020年から2030年の予測期間において、年率10.21%で成長すると予測しています。この市場は、シーケンシングコストの低下、世界的ながん罹患率の増加、ポピュレーションゲノミクス構想の増加など、特定の要因が世界のゲノムデータ分析・解釈市場の成長を後押ししています。

この市場は、ゲノミクスとバイオインフォマティクスの分野の発展に支えられています。現在、ゲノムデータ分析・解釈業界は、発展途上国や先進国で行われているゲノム研究の数が増加していることに加え、シーケンシングのコストが低下していることから、ゲノムデータ解析用のソフトウェアソリューションの需要が高まっていることで盛り上がりを見せています。また、研究者や臨床医によるシーケンス装置の導入が進んでいることや、がんなどの複雑な疾患が増加していることなども、市場の成長を促進する重要な要因と考えられます。

さらに、バイオテクノロジー企業は、臨床医による詳細な解析をサポートするために、幅広い臨床アプリケーションに対応した堅牢なゲノムデータ解析ソフトウェアソリューションの開発に注力しています。

競争状況

がん患者数の急激な増加に伴い、バイオテクノロジー企業は、データ解析のための信頼性の高いゲノムソフトウェアソリューションの開発に投資し、臨床医が精度の高いがん治療を提供できるようにしようとしています。サーモフィッシャーサイエンティフィック社は、多様な製品ポートフォリオと強力な市場浸透力により、この分野のパイオニアとして、この市場で重要な競争相手となっています。

地域別では、北米がゲノムデータ分析・解釈市場で最大のシェアを占めています。これは、ゲノミクスやバイオインフォマティクスの研究を行うために政府機関から多額の資金が投入されていること、がんの有病率が上昇していること、精密医療に対する意識が高まっていること、シークエンスのコストが低下していることなどが要因です。また、2020-2030年の予測期間中、アジア太平洋地域が最も速いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]