4K医療画像の市場規模、2030年に23億9990万米ドル到達見込み 膨大な研究開発投資が市場の成長を後押し

4K医療画像市場の概要

4K医療画像市場は現在、市場の大きな変革を目撃しています。医療インフラ開発への投資が増加しており、治療や診断支援における効率的で有望な結果を得るためのエビデンスが増えています。また、ヘルスケア分野への先進的なイメージングおよび可視化システムを開発している新興企業の参入が進んでいます。これらの要因により、世界中で4K医療画像処理システムの売上が大幅に増加しています。

世界の4K医療画像市場予測

4K医療画像の市場規模は、2019年の8億2210万米ドルから2030年には23億9990万米ドルに達し、2020年から2030年のCAGRは12.2%で成長しています。医療分野における優れた可視化品質への需要の高まり、高精細医療イメージング分野における技術の高い製品の利用可能性、慢性的疾患の罹患率増加が世界の4K医療画像市場の成長を牽引しており、中でも膨大な研究開発投資が市場の成長を後押ししています。一方、市場の成長を制限している大きな課題としては、4K画像などの先端技術の採用に対する医師の消極的な姿勢があります。今後5年間、これらの傾向が4K医療画像環境に多くの影響を与え、市場は急成長すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]