高周波デバイス市場、2021年から2030年にCAGR 12.81%で成長見込み

市場概要

外科手術が患者に与える影響を軽減することは、ここ数十年の間、外科手術の進化の方向性となっています。出血量が少なく、術後の回復時間が短く、術後の感染症や合併症の可能性が低く、何よりも再手術が必要になる可能性が低いなどの利点が認められ、低侵襲手術技術の需要は世界中で大きく伸びています。

低侵襲手術への需要の高まりは、結果的に画像誘導型アブレーション治療への大きな需要につながっています。低侵襲外科手術に用いられる画像誘導型の治療法としては、ラジオ波焼灼療法(RFA)があります。RFAは、骨、腎臓、肝臓、肺、心臓、乳房、リンパ節、神経、軟部組織などの熱的切除に最もよく用いられる技術として登場しました。

また、高周波を利用した機器は、肌の引き締め、しわの減少、肌や首の弛み、体の輪郭形成などの美容治療にも非侵襲的に利用されています。

高周波は最も急速に進化している技術の1つであり、高周波ベースのデバイス市場は、2021年から2030年の予測期間において、CAGR 12.81%で成長すると予想されます。この市場は、慢性疾患の発生率の上昇、高齢者人口の増加、低侵襲手術の需要の高まり、発展途上国における医療費の増加、アブレーションや美容治療分野における技術の進歩など、特定の要因によって牽引されています。

今後10年間、高周波デバイス市場の成長には大きなチャンスがあります。世界的な高齢者人口の増加や慢性疾患の有病率の上昇が、疼痛管理、腫瘍、心臓病などの用途における高周波デバイス市場の成長を促しています。また、多極式高周波デバイスの使用などの先進技術の導入により、高度な切除手術や非切除手術が患者に受け入れられることが期待されています。

フラクショナルRF、サブレイティブRF、フェーズコントロールRF、光やマッサージ、パルス電磁場(PEMF)を応用したコンビネーションRFなどの追加モダリティが、美容治療における高周波の急速な普及に貢献しています。

競争状況

主な競合企業は、M&A、新製品の発売、新技術の共同開発や両社のマーケティング活動の融合による消費者へのアプローチの強化などを目的としたシナジー効果のあるパートナーシップを結んでいます。

予測期間中、Stryker Corporation、Boston Scientific Corporation、Johnson & Johnson、Becton Dickinson and Company、Smith & Medical、Avanos Medical、YA MAN LTD、Cynosure、Medtronic plc、Venus Concept Inc、Abbott Laboratoriesなどの企業が、市場での優位性を維持すると予想されます。

地域別では、医療インフラの整備、国民一人当たりの所得の増加、償還制度の改善などにより、北米が設置台数および販売台数で最大のシェアを占めています。また、アジア太平洋地域とラテンアメリカ地域は、予測期間中に最も速いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]