生体工学による代用皮膚市場:慢性的な創傷の発生率の増加、および火傷による症例の増加が市場の成長を促進

創傷生物学的製剤の技術的進歩と組織工学の分野での革新は、生体工学による代用皮膚を含む高度な創傷治癒の選択肢と戦略の開発につながっています。これらの製品は、世界的に深刻な医療上の脅威となっている急性・慢性創傷を幅広く治療するために設計されています。国際医薬経済・アウトカム研究学会(ISPOR)が発行するValue in Health Journalの2018年1月号に掲載された研究発表によると、米国における慢性創傷管理に関連する経済コストは、820万人の患者に対して281億米ドルから317億米ドルとされています。したがって、慢性的な創傷の発生率の増加、および火傷による傷害の症例の増加は、世界的な生体工学による代用皮膚市場の成長を促進しています。さらに、代用皮膚の新しい用途、優れた特性、政府および連邦政府機関による巨額の投資などにより、その需要の一層の拡大が期待されています。

生体工学による代用皮膚市場は、技術革新を推進する巨額な投資を促進し、投資家にとっても魅力的な市場の一つであると考えられます。

市場は、製品、アプリケーション、エンドユーザー、地域に分類されています。

競合環境

生体工学による代用皮膚市場は現在開花期にあり、AbbVieやIntegra LifeSciences、Smith & Nephew、Strykerなどの様々な大手企業や、その他の中堅・中小企業が幅広い生体工学による代用皮膚を市場に提供しています。関連企業が市場に参入し、パートナーシップやコラボレーションという手段で事業拡大や製品発売まで様々な戦略を採用することで、激しい競争の中で自社の立場を確立しようとしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]