無人航空機の市場規模、2025年には219億1000万米ドルに到達予測 多くのドローン製造企業の存在により、北米地域が51%のシェアを確保

無人航空機(UAV)市場は、北米地域が2019年に51%のシェアを獲得しました。UAVの市場規模は2019年の116億6000万米ドルから2025年には219億1000万米ドルに達し、2020年から2025年のCAGRは13.27%で成長すると予測されています。これは、北米地域の多くのドローン製造企業の存在によるものです。さらに、中国、日本、韓国、オーストラリア、シンガポールなどの国々が急速にUAVを採用しており、アジア太平洋地域(APAC)はUAVの第2位の市場となっています。APACのUAVの市場規模は2019年には54億5000万米ドルに達し、2020年から2025年のCAGR は15.64%で成長すると予測されています。

UAV市場は、検査、測量、輸送・物流、農業散布などの用途でドローンの利用が拡大しており、重要性を増しています。ドローンの中には、軍事、国土安全保障、法執行機関向けに監視サービスを提供するものもあり、市場の成長を後押ししています。

UAV市場は、クラス、アプリケーション、コンポーネント、エンドユーザーなどに分類されます。

同市場は、地域別に、北米、欧州、アジア太平洋、その他の地域に区分されています。

市場の主なプレイヤーには、Aerovironment、Airbus S.A.S.、Ehang、DJI、Lockheed Martin、Boeing、FLIR System、Northrop Grumman、BAE Systems、Thales Group、Israel Aerospace Industries Limited、General Atomics、General Dynamicsなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]