空間的ゲノミクス・トランスクリプトミクス市場、2020年から2030年にCAGR23.2%で成長予測 最先端の研究機関の存在から北米地域が最大のシェアを支配

空間的ゲノミクスおよびトランスクリプトミクス市場は、最も急速に発展している市場の1つであり、2020年から2030年にはCAGR23.2%で成長すると予測されています。市場は、癌、神経障害、希少疾患など、さまざまなタイプの遺伝的障害の増加、高解像度マルチプレックスアッセイおよび機器の開発の促進、シーケンス技術の進歩、研究開発演習を実施するための空間ベース技術分野における多額の研究資金、などの要因によって推進されています。

空間的ゲノミクスおよびトランスクリプトミクス市場は、組織の微小環境、腫瘍生物学、組織バイオマーカーの可視化と解析のための空間プロファイリングベースのソリューションの開発に後押しされています。世界的に神経疾患や希少疾患の有病率が増加していることが、市場の成長をさらに促進しています。

受託研究機関の中には、空間プロファイリングをベースとしたサービスの開発に力を入れている機関もあります。同サービスでは、単一のホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織または凍結組織切片から複数のバイオマーカータンパク質または100以上のmRNAをその場で同時に空間解析できるのが特徴です。

競合状況

精密医療の応用が急激に増加していることから、疾患生物学や病理学を理解するために、細胞間の相互作用や組織の不均一性に関する情報を提供する高解像度マルチプレックス診断法の開発に投資する企業が増えてきています。技術的に高度なソリューションと市場への浸透により、BioTechneはこの分野の先駆者であり、この市場で重要な競合相手となっています。

他に、市場の主要なプレーヤーは、NanoString Technologies. RareCyte.、IONpath、Fluidigm、10x Genomics、Visikol、Miltenyi Biotec、BioSpyder Technologiesなどがあります。

地域別には、北米は医療インフラの整備、一人当たりの所得の増加、最先端の研究所や研究機関があることから、空間的ゲノミクスおよびトランスクリプトミクス市場で最大のシェアを占めています。これとは別に、欧州地域は2020年から2030年にCAGR23.54%で成長すると予測されています。

同市場では、組織の微小環境を理解するため、組織断面の空間プロファイリングの機器やアッセイの開発に、バーコーディング、シーケンシング、マスサイトメトリー、顕微鏡などの技術を利用しています。大手企業が提供する各ソリューションは、腫瘍学、神経学、免疫学、病理学などの臨床分野での応用を目的とした次世代オミックスツールを組み合わせたものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]