CAR-T細胞療法市場、2020年から2030年にCAGR 44.79%で成長予測 化学療法や放射線治療に反応しない難治性の癌症例への開発で需要拡大

科学界は100年以上にわたり、CAR-T細胞療法の開発のため研究を重ねてきました。免疫療法は、患者の免疫システムを利用して癌を攻撃する方法で、数十年の間に革新的な治療オプションとして浮上してきました。CAR-T細胞療法市場は、2020年から2030年の間にCAGR 44.79%で成長すると予測されています。高齢者人口の増加、リンパ腫や白血病の症例数の増加、化学療法や放射線治療などの代替療法に反応しない再発・難治性の癌症例の増加、新規免疫治療の研究開発への注力、CAR-T細胞療法の強力な製品パイプラインなどにより、市場の成長は加速しています。

市場は、びまん性大細胞B細胞リンパ腫(DLBCL)、急性リンパ芽球性白血病(ALL)、多発性骨髄腫(MM)、慢性リンパ性白血病(CLL)、濾胞性リンパ腫(FL)、マントル細胞リンパ腫(MCL)、およびその他の癌や適応症などの臨床領域におけるCAR-T細胞療法の開発によって支えられています。高齢者人口の増加と、リンパ腫や白血病の症例数の増加は、市場の需要の大幅な増加につながると予想されています。

さらに、企業はCAR-T細胞療法の開発に巨額の投資を行っており、単剤療法または併用療法としての研究を行っています。近年、様々な血液がんの臨床試験が増加しており、これがCAR-T細胞療法市場を刺激することになると考えられています。

市場は、アプリケーション別、標的抗原別、地域別に分類されています。

競合状況

精密医療の応用が世界レベルで飛躍的に増加していることから、新規の CAR-T 細胞治療薬の開発に投資する企業が増えています。多様な製品ポートフォリオと市場浸透により、Novartis AG.はこの分野のパイオニアであり、市場では重要な競合相手となっています。

製薬大手のKite Pharma (Gilead Company)は、NovartisのKymriah(tisagenlecleucel)に対抗するために、Yescarta(axicabtagene ciloleucel)やTecartus(brexucabtagene autoleucel)などのCAR-T細胞治療薬を市場に投入しています。

地域別では、北米地域が最大シェアを占めています。これは、医療インフラの改善、一人当たりの所得の増加、承認された治療法の早期導入、最先端の研究所や研究機関の存在などに起因しています。一方、アジア太平洋地域は最速のCAGRで成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]