エネルギー管理システムの市場規模、2025年には301億5000万米ドルに到達見込み スマートグリッドの進化、政府による有利な政策などが市場を牽引

エネルギー管理システムの市場規模は、2020年の105億5000万米ドルから2025年には301億5000万米ドルに達し、CAGR23.37%で成長すると予測されています。これは、省エネや安全な環境に対する需要の高まり、スマートグリッドの進化、政府による有利な政策やインセンティブプログラムなどにより牽引されると予想されます。

エネルギー管理システムは、産業用、商業用、住宅用などあらゆるタイプのエンドユーザーの注目を集めています。産業用エンドユーザー向けには、変圧器、AC・DCモータ、クレーンなどの高負荷機器を年中無休で稼働させるための電力消費量の増加に伴い、エネルギー管理システムの需要が高まっています。

エネルギー管理システムは、様々な事業組織の商業部門で採用されています。商業エンドユーザー向けの、エネルギー管理システムの増加は、商業用変圧器、DGセット、データセンター、およびHVACシステムなど、電力消費量の多い商業施設のデバイスに適用されるエネルギーコストの増加に起因しています。

エネルギー管理システムは、一般住宅に設置されたセンサーから収集された一連のデータを分析するのに役立っています。エネルギー管理システムは、運用性能を向上させるだけでなく、エンドユーザーのための安全な生活環境を確保するために採用されています。

COVID-19がエネルギー管理システム市場に与える影響

2020年のエネルギー管理システム市場は、COVID-19パンデミックの影響で、2019年から9.20%落ち込み116億2000万米ドルに縮小すると予想されています。これは第1四半期に商業および産業用消費者からのエネルギー消費が減少したためです。各地でロックダウンが課されているためエネルギー需要が減少しており、エネルギー管理システム市場に影響を与えると予想されます。しかし、操業制限の緩和により、2020年第3四半期から市場の成長が復活しています。

地域別市場

エネルギー管理システム市場は、北米、欧州、アジア太平洋・日本、中東・アフリカの各国で高いシェアを誇っています。北米は市場の先頭を走っており、米国、カナダなどの市場浸透率が高い国は、今後5年間は堅調な市場成長が見込まれています。

アジア太平洋地域と日本は、エネルギー管理システムの最も有利な市場として発展することが期待されています。同地域は、工業化の進展により日本、韓国、インドなどの国でエネルギー消費量が増加しており、大きな成長機会が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]