歯科矯正の市場規模、2021年から2030年のCAGR は6.17%で成長予測 不正咬合の有病率の上昇、高度な製品の出現などが市場の成長を牽引

歯科矯正の市場規模は、2019年度には56億8110万米ドルに達しましたが、現在進行中のCOVID-19パンデミックの影響により、市場は大幅に縮小しています。一方で、2021年から2030年にかけて、CAGR 6.17%で成長すると予測されています。現在、50社以上の既存あるいは新興の医療機器企業が同市場で事業を展開しています。

COVID-19パンデミックの影響で、歯科や歯列矯正を含む二次処置が停止したため、2020年の歯列矯正市場は縮小しました。しかし、パンデミックの影響は短期的なものであり、二次処置の再開により、2021年から市場は回復すると予測されています。

歯列矯正市場は、不正咬合の有病率の上昇、デンタルツーリズムの急増、高度な技術の歯列矯正製品の出現などの特定の要因によって牽引されています。

同市場は、3DプリントやCAD・CAMシステムの利用が増加していること、院内ワークフローの増加による迅速な治療普及、矯正医と患者のための明確な料金表の存在などの要因によって支えられています。

同市場は、製品タイプ、患者の年齢、エンドユーザー、地域に基づいて、分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]