オフハイウェイ車、テレマティクス技術により安全な通信・データ転送チャネルが実現 

オフハイウェイ車(OHV)は、舗装されていない道路を走行する能力を持つ車両です。この車両は、車高が高く頑丈なシャシー構造、高い積載能力を特徴として設計されています。オフハイウェイ車は、建設、農業、鉱業など、多くの産業で利用されています。コネクテッド、自律走行、電気推進などに代表される世界的なモビリティのトレンドは、いくつかの産業部門に影響を与えています。このトレンドはバックエンドのサポートによって支えられており、データ分析はプラットフォーム機能の重要な側面の一つとなっています。これらのビジネスオペレーションは、ビッグデータや機械学習などの新興データサイエンス領域に新たな市場機会を生み出しています。

さらに、このビジネスのプロセスでは、安全な通信とデータ転送チャネルが必要とされ、テレマティクス技術のアプリケーションが採用されます。テレマティクスは、車両内の様々なサービスや技術的特徴の統合を可能にするスタンドアローンの概念です。オフハイウェイ車のテレマティクス市場は、今後数年で大きな成長を遂げる事が予想されています。

オフハイウェイ車用テレマティクス市場は、アプリケーションタイプ、機器タイプ、製品タイプ、地域に基づいて分類されています。

市場は、地域別に、北米、アジア太平洋・日本、欧州、中国、英国、その他に分類されます。

市場の主なプレーヤーには、Topcon、Trimble、Leica、MiX Telematics、CalAmp、Intellicar Telematics、Trackunit A/Sなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]