3Dホログラフィックディスプレイおよびサービスの市場、ドライバーの視点が固定される車載ヘッドアップディスプレイが事故の潜在リスクを低減

市場規模、予測、および分析

3Dホログラフィックディスプレイおよびサービスの市場規模は、2020年の6億760万米ドルから2025年には18億3710万米ドルに達し、CAGR24.8%で成長すると予測されています。これは、広告・メディア業界の近代化に向けた継続的な取り組みによって牽引されています。さらに、小売業界の成長は、マーケティングとマーチャンダイジング戦略におけるより高度な技術への需要を後押ししています。

コンピュータビジョンやデジタルツインなどのインダストリー4.0技術は、ディスプレイに依存した技術であり、より多くの市場機会を生み出しています。ARおよびホログラフィック機能を備えたディスプレイデバイスを可能にするアイデアは、コンピュータビジョン、デジタルツイン、および関連するディスプレイ依存技術の操作性と効率性を向上させます。したがって、これらの技術の向上は3Dホログラフィックディスプレイシステムを設置することで得られ、2020年から2025年を通して成長が期待されています。

3Dホログラフィックディスプレイとサービスの技術は、小売、メディア・広告、展示会産業、自動車、医療・ヘルスケア、防衛・航空宇宙、航空、家電などの様々なビジネス産業で採用されており、付加価値を高めたり、業務の生産性を向上させたりするために利用されています。小売、メディア・広告、展示会などの商業、産業では、この技術と消費者との関わりが非常に高くなっています。3Dホログラフィックディスプレイは、消費者の全体的な体験を向上させるための機能を十分に備えているため、消費者との関係性を高め、顧客の行動を変え、最終的にはブランドの認知度と購買層を広げる可能性を秘めています。

自動車業界は完全自律走行車の生産に向けて動き出していますが、現在利用可能な車両の自律性を高めるために、既存の技術の導入を開始する必要があります。ARホログラフィック機能を搭載したヘッドアップディスプレイは、ドライバーが通常の視点から目をそらす必要がないため、自動車の自律性を高め、潜在的な事故のリスクを低減させることができます。これらの製品は、単体、あるいは、生産時に車両と一体化させ、提供することができます。どちらの場合でも、ヘッドアップディスプレイは自動車産業全体に革新を起こし、3Dホログラフィックディスプレイ市場をさらに拡大させると考えらえます。

ヘルスケア産業は、経済だけでなく、人間の生活を維持する経済を支える重要かつ不可欠な産業の一つです。2Dオプションでは、様々な角度からの画像を重ねて表示する必要があるのに対し、3Dホログラフィックディスプレイは、開業医やユーザーがリアルタイムで正確な病気の箇所を示せるように、3Dレベルの人体解剖学を視覚化する3Dホログラフィックコンテンツを表示することができます。この医療画像アプリケーションは、3Dホログラフィックディスプレイ市場に多大な影響を与えることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]