先進バルーンカテーテル市場規模、2019年に25億2390万米ドル到達、心血管疾患などの有病率の増加、低侵襲手術への需要などが市場の牽引要因に

先進バルーンカテーテル市場規模は、2019年に25億2390万米ドルに達し、2021年から2030年にかけてCAGR6.25%で成長すると予測されています。市場は、COVID-19パンデミックの影響により緩やかに縮小しています。市場全体としては、既存および新興の医療機器企業を合わせると、現在、70社以上の企業が事業を展開しています。

COVID-19パンデミックの影響で、世界の待機手術が取りやめられたため、2020年には先進バルーンカテーテル市場は縮小しました。しかし、この影響は短期的なものであり、待機手術が再開されれば、2021年から市場は回復すると予測されています。

市場を牽引する主な要因としては、心血管疾患や末梢動脈疾患の有病率の増加、低侵襲手術への需要の増加、バルーンカテーテルの進歩、先進国における良好な償還状況などが挙げられます。さらに、新規の薬剤被覆バルーンカテーテルや多目的バルーンカテーテルの開発によって、市場の成長は支えられています。

市場は、製品タイプ、コンポーネント、アプリケーション、患者の年齢、エンドユーザー、地域に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]