デジタル手術技術の市場規模、2030年に51億1050万米ドルに到達見込み 2020年から2030年はCAGR32.1%で成長予測

概要

デジタル手術技術の市場は現在、大きな変化を目の当たりにしています。医療インフラ開発への投資が増加しており、治療や診断支援により効率的かつ有望な結果が増えています。これらの事実は市場の潜在的な成長機会につながっています。また、AIを搭載した医療機器を開発している新興企業の、手術を目的とした大規模な参入により、マイクロソフトやグーグルなどの世界的な大手ハイテク企業の多くがヘルスケア分野に参入しています。これらの優位な要因により、デジタル手術技術の売上高は大幅に増加しています。

予測

デジタル手術技術の市場規模は、2019年の2億5250万米ドルから2030年には51億1050万米ドルに達し、2020年から2030年にかけてCAGR32.1%で成長すると予測されます。臨床上の意思決定の複雑化、外科医の仕事量の増加、莫大な研究開発投資が市場の成長を後押しする主な要因となっています。一方、外科医がAIなどの先端技術の採用に消極的であることや、医療データに関連するプライバシーやセキュリティへの懸念が、市場の成長を抑制しています。これらのトレンドは今後5年間でデジタル手術技術に大きな影響を与え、その結果、市場は何倍にも成長すると予測されています。

競合環境

市場は、大・小多数のメーカーとベンダーで構成されています。現在、医療分野におけるAIの導入が進む中、参入しているメーカーは、自社製品を拡大し、市場での確固たる足場を築くための機会を伺っています。

2015年12月から2020年8月までの間、デジタル手術技術市場では、約47件のパートナーシップ、提携、事業拡大、43件の新規提供、15件の規制・法的承認、33件の資金調達活動、13件のM&A、11件の調達・販売があったと報告されています。

多くのメーカーは、斬新なデジタル手術製品を開発し、市場で強い財務的地位を獲得するために、競合相手とだけでなく、病院、大学医学部、外来手術センター、外科医との提携やパートナーシップを取り入れています。

市場に貢献している主要プレイヤーは、Osso VR、Augmedics 、Brainlab AG、Medtronic plc、Caresyntax、3Dintegrated ApS、DASH Analytics、Novadaq Technologies、Fundamental VR、EchoPixel、Surgical Science Sweden AB、3D Systems 、VirtaMed AG、Mimic Technologies、Centerline Biomedicalなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]