スーパーソルジャーウェアラブル技術市場:2020年から2025年に成長加速か 通信関連強化の軍需用から無線パックの市場拡大

市場の概要

スーパーソルジャーウェアラブル技術は、歩兵、特殊部隊、空軍などの軍隊の様々なプラットフォームのために、長年にわたってウェアラブルの生産数を増やしてきた新興市場です。ウェアラブル技術の革新において大きな変革を経験した同市場は、軍事用途向けのさまざまな製品タイプの開発を目の当たりにしてきました。さらに、2020年から2025年にかけて大幅な成長を遂げると予想されています。主として軍の通信関連を強化するための調達が増加しているため、無線パックの成長が期待されています。アジア太平洋、中東、アフリカなどの新興国における軍用ウェアラブルの高い需要は、歩兵、特殊部隊、空軍など、さまざまなエンドユーザーに渡り、兵士用ウェアラブル技術プレーヤーのための市場機会を生み出すと予想されます。

市場はタイプ別に、ヘッドウェア、ボディウェア、ヒアラブル、接続デバイスなどに分類されます。

地域別に、北米(米国、カナダ)、欧州(ドイツ、英国、フランス、イタリア、ロシア、欧州地域)、アジア太平洋地域(中国、韓国、日本、オーストラリア、インド、アジア太平洋地域)、中南米、中東、アフリカに分類されます。

市場の主要企業

市場の主要プレーヤーは、3M、AirBorn、Armor Express、ArmorSource LLC、ASELSAN A.S.、Avon Protection、BAE Systems、Bionic Power、 FLIR Systems、Gentex、Honeywell International、L3Harris Technologies、Leonardo S.p.A.、Lockheed Martin、MKU Limited、ST Engineering、TE Connectivity、Thales Groupなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]