カモフラージュ塗料市場、視覚的検出の回避を目指す軍用目的に高い需要

コーティング業界は、エンドユーザー産業の要求の変化に伴い、大きく進化してきました。コーティングは基本的に製品の保護、保全、美化のために適用されます。また、耐久性や耐食性、耐摩耗性、耐引裂性、耐汚損性などの付加的なカスタマイズ機能を得ることにも役立っています。その結果、業界で提供される製品は、仕上げと美的感覚を提供するという伝統的な用途から、表面処理のプロセスに使用されるように徐々にシフトしており、付加価値を与えています。

製造業における技術の進歩と、既存の製造方法を改善するための継続的な研究は、革新的な機能性コーティングのための基礎を築いてきました。コーティング業界には劇的な変化があり、カモフラージュコーティング、ブルーライトブロックコーティング、紫外線ブロックコーティング、アンチグレアコーティング、反射防止コーティング、指紋防止コーティングなど、いくつかのイノベーションが生まれています。コーティング市場は、他の産業の中でも特に自動車や家電製品で使用の増加が予想されるため、将来的に成長の機会があると予測されています。

最近のスマートコーティングの出現は、既存の市場を分断させており、軍事用コーティングの分野で高い需要が報告されています。現代の航空機や軍事システムは、主にレーダーシステムや赤外線センサーを回避する事を目的とするのみではなく、視覚的な検出を回避することができる戦略と革新的な技術を見つけることに焦点を当てています。カモフラージュコーティングは、この問題に焦点をあてており、政府や防衛機関は市場の技術に投資しています。

市場は、北米、アジア太平洋・日本、欧州、中国、南米、中東・アフリカの6つの主要地域に分類されています。

市場の主要企業

市場の主要なプレイヤーは、AkzoNobel N.V.、Axalta Coating Systems、BASF SE、Creative Coatings、DCL、Ferro、Hangzhou Epsilon Chemical 、Huntsman、PPG、Spectrum Coatings、SIOEN Industries NV、Randolph Products、Hengshui Youyi New Material Technology、Aervoe、NICなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]