加熱ファブリックの市場規模、2025年には10億米ドル到達予測 エレクトロニクスの小型化に伴い機能が向上

加熱ファブリック市場の成長は、主に、医療、商業、軍事などの複数用途における需要の増加に起因しています。また、加熱ファブリック自体にバッテリーを内蔵しているため、電気が通っていない場所でも使用する事ができます。さらに、電子機器の小型化により、その用途も増えています。

エレクトロニクスとテキスタイルの融合は、スマートファブリック、暖房シートカバー、暖房フロアマット、暖房ウェアラブル、その他の革新的技術をもたらしました。加熱ファブリックにおける高度で革新的な技術により、OEMは収益源と製品ポートフォリオを拡大する機会を生み出しています。

加熱ファブリックの市場規模は2019年の5億8480万米ドルから2025年には10億米ドルに達し、2020年から2025年までのCAGR9.42%で成長すると予測されています。市場の成長は主に、加熱ファブリック用途の増加、採用率と認知率の上昇、加熱ファブリックの研究開発とその開発による投資に起因しています。また、政府は加熱ファブリックの採用を奨励するための政策と法律を考案しています。

COVID-19は、原材料の入手可能性、輸送、円滑な需給の維持という点で、業界に大きな打撃を与えています。十分なマイクロエレクトロニクスが利用できないことは、メーカーだけでなく、小・中規模エンドユーザーにとっても供給の不均衡を生み出しています。

競合環境

加熱ファブリックの用途は、これまで加熱テキスタイルや軍事に限定されていましたが、エレクトロニクスの小型化に伴い、その機能が向上しています。現在製造されている加熱ファブリックは、2021年から2024年までの間に進化し、以前のものと比較してかなり高い温度に耐えられるようになりました。

継続的な製品の発売と機能強化、およびパートナーシップやコラボレーションの締結は、市場で実行される事業戦略の一部です。SEFAR AG、3M、Gentherm、TIBTECH Innovations、BGF 、DuPont de Nemours、Nano Stitchなどの企業が製品の発売と機能強化に携わってきました。3MとSEFAR AGは、製品ポートフォリオの拡大に継続的に取り組んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]