2020年から2025年までの協働ロボット市場、CAGR30.37%で成長予測 ドイツの自動車分野での展開により、2020年は欧州が推定47%のシェア

市場の概要

2020年から2025年までの協働ロボット市場は、CAGR 30.37%で急成長すると予測されています。2020年の協働ロボット市場は欧州が47%のシェアを占めています。英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリアなどの主要国を含む欧州は、協働ロボット市場最大の地域となっています。欧州では、ドイツが自動車分野での大規模な展開により、2020年に大きな市場シェアを獲得しました。

市場は、生産性、スピード、効率性の向上、継続的な労働力不足、協働作業場のロボット周辺での労働者の安全の確保などのニーズから、広く重要性を増しています。さらに、発展途上国を中心とした協働作業ロボットに対する意識の高まりが、需要を後押ししています。

市場は、可搬質量、販売チャネル、コンポーネント、アプリケーション、産業などに分類されています。

産業別に、自動車、電気、電子・半導体、プラスチック・ポリマー、医薬品・化学、食品・飲料、航空宇宙・防衛、金属・機械加工、その他に分類されています。

アプリケーション別に、材料の取り扱い、小物部品の組み立て、CNC機械の手入れ、成形作業、試験・検査、包装・パレタイズ、研磨、ねじ締め、接着、ディスペンサ、溶接などに分類されます。

可搬質量別では、5kg未満、5~9kgの間、9kg以上などに分類されます。

地域別では、北米、欧州、APAC、その他の4つの主要地域に分類されています。

主要企業

市場の主要プレイヤーには、ABB(スイス)、Universal Robot A / S(デンマーク)、Aubo Robotics(米国)、安川電機(日本)、Bosch Rexroth AG(ドイツ)、Comau SPA(イタリア)、デンソー(日本)、Nachi Robotic Systems(米国)、Precise Automation(米国)、Productive Robotics(米国)、セイコーエプソン(日本)、およびTechman Robot(台湾)などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]