集団シーケンシングの市場規模、2030年には640億4760万米ドルに到達予測 ハイスループットシーケンスやポリメラーゼ連鎖反応などの開発にも注力

集団シーケンシングの市場規模は、2020年の217億3040万米ドルから2030年には640億4760万米ドルに達し、CAGR11.41%で成長すると予測されています。この市場の成長は、COVID-19の感受性と耐性のゲノムを理解するための大規模シークエンシングの採用と、遺伝子疾患のスクリーニングおよび診断のための個別化医療の採用、消費者向け遺伝子検査などが世界的に急増していることに牽引されています。しかし、センシティブなゲノムデータを維持、保存、共有するためのインフラの不足、ハイスループットゲノムソフトウェアツール開発のための資金不足、臨床現場でのデータの還元性と可搬性の低さなど、市場の成長を抑制している大きな課題があります。

この市場は、診断、創薬、トランスレーショナルリサーチの開発にむけ、遺伝的変異を理解するための大量の遺伝データ用シーケンシングと、計算解析ソリューションの技術的進歩に後押しされています。

さらに、複数のシーケンシング企業は、患者の利益になるように、より高感度でターンアラウンドタイムの短いハイスループットシーケンスプラットフォームやポリメラーゼ連鎖反応プラットフォームの開発に力を入れており、患者ベースの結果を出すことで、ゲノム医療を実現しています。

市場は製品タイプ、アプリケーション、方法、技術に基づいて分類されます。

競合状況

世界レベルでの精密医療適用の急激な増加は、遺伝子変異に関する情報と補助化学療法またはホルモン療法の診断の開発に投資する企業の間で話題を呼んでいます。多様な製品ポートフォリオと強力な市場浸透により、Illuminaはこの分野のパイオニアであり、市場で重要な競争相手となっています。

集団シーケンシング市場は、Color Genomics、Helix Opcoなど、健康対策のための大規模な技術やインフラを提供する企業や、GenuityScienceなどのビッグデータ企業にとって、計り知れない成長の機会を提供しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]