EV急速充電システム市場、2019年の13万3992台から2025年には22万6857台に到達予定 第3世代の充電器の導入で15分以内の充電が可能に

電気自動車(EV)の需要の増加は、DC急速充電インフラ産業に直接に拍車をかけています。DC急速充電インフラは、高出力と時間のかからない充電システムの需要により急成長しています。一般的な交流充電器は、充電に6時間から10時間かかると言われています。電気自動車のバッテリーサイズは小さいため、道路に留まる時間を長くするためには、数分程度で急速に充電する必要がありました。高速充電器の必要性は、EVの需要の高まりと、高電力および高電流の供給を処理する能力とともに高まりました。2019年12月に発売されるEVの新上級モデルは、22KWを超えるDC高速充電器で充電でき、モデルによっては最大250KWの充電が可能です。そして、一般的に大型車両、乗用車、電気バス、eトラックなどに使用されています。Tritium Pty LtdやABBなどのいくつかの企業は、乗用車、eバス、eトラック用の新しいEVモデルの需要と生産に牽引され、従来の急速充電器よりも速く充電するために、超高出力充電システムに注力しています。

EV急速充電システム市場は、2019年の13万3992台から2025年には22万6857台に達し、2020年から2025年はCAGR10.37%で成長すると予測されています。市場の成長は主に、政府の電気自動車に関する政策、充電インフラの利用可能性の向上、二酸化炭素排出量の削減などに起因しています。また、政府は電気自動車の利用を奨励するための意識改革やインセンティブを打ち出しており、市場成長を牽引すると期待されています。

競合環境

市場の競合環境は、牽引力と市場シェアを獲得するために、e-モビリティ業界の主要プレーヤーが行っているさまざまな戦略で構成されています。急速充電システムメーカーが採用している戦略には、新製品の発売、事業拡大、合併、パートナーシップ、コラボレーションなどがあります。なかでも、パートナーシップとコラボレーションは人気の高い選択肢です。最も著名なエコシステムプレーヤーには、ABB、BTC Power、Tritium Pty Ltd、Star Charge、Efacec Electric Mobilityなどがあります。例えば、2020年3月には、Tritium Pty LtdがPod Pointと提携し、英国に50KWDC急速充電システムを供給してEV充電ステーションを設置しました。

また、Tesla, Inc.は、2019年3月にV3スーパーチャージャーと呼ばれる第3世代のスーパーチャージャーを発売し、15分以内の充電を可能にしました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]