商用車テレマティクスの市場規模、2025年には59億3000万米ドルに到達予測 可処分所得の増加、スマートフォンの普及率上昇など牽引要因に

接続性と安全性の需要の高まり、スマートフォン技術の進歩、高速インターネット接続は、テレマティクス業界を大きく変貌させました。オリジナル機器メーカー(OEM)は、システムの複数の利点を理由に、すべての商用車カテゴリーに高度なテレマティクスサービスを取り入れており、自動車用テレマティクスの採用を促進しています。

商用車テレマティクス市場は、2019年の48億6000万米ドルから2025年には59億3000万米ドルに達し、2020年から2025年までの市場はCAGR 7.92%で成長すると予測されています。安全・セキュリティ規制の強化、可処分所得の増加、接続コストの低下、スマートフォンの市場普及率の上昇などの要因によって、市場は牽引されています。ハッキングやプライバシーへの懸念の高まり、テレマティクスに対する意識の低さなどが市場全体の成長を阻害する要因となっています。しかし、コネクテッドカーへの需要の高まり、保険業界におけるテレマティクスの採用の増加、インドや中国などの新興国の成長は、市場成長を促進すると予想される要因です。

競合環境

企業が採用している戦略には、新製品の発売、事業拡大、パートナーシップやコラボレーションなどがあります。採用されたすべての戦略の中で、パートナーシップやコラボレーション、製品の発売は主要な選択肢となっています。Geotab、CalAmp、Masternaut、Trimbleなどの企業は、市場をリードする主要プレイヤーです。市場は多数のプレイヤーの存在により、非常に競争が激しくなっています。そのため、技術革新と開発がこの市場の大規模な成長の鍵となっています。メーカーは事業拡大のほかに、戦略的パートナーシップを締結し、顧客基盤と全体的なグローバルフットプリントの拡大を図っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]