ユーバイオティクスの市場規模、2025年には77億4000万米ドルに到達予測 家畜の病気の増加や成長促進抗生物質の使用禁止などが市場の成長を牽引

ユーバイオティクス市場は過去5年間でダイナミックな変化を遂げており、特に動物の健康と福祉を向上させるための新しい先進的なソリューションの導入に伴い、大きく変化しています。世界人口の増加に伴い、食肉用食品の需要が増加していますが、成長促進抗生物質の使用が禁止されていることから、家畜生産者は動物の出生数と生産性を向上させるために、ユーバイオティクス製品や成分を採用するケースが増えています。動物用飼料としてのユーバイオティクスの利用は、腸内の健康を管理し、望ましくない病原菌の増殖を抑制することで、動物の成長を促進し、健康を維持することにつながっています。その結果、従来の方法よりも利便性の高い動物用飼料への親和性が高まっていることから、ユーバイオティクス市場の発展が期待されています。

ユーバイオティクス市場は、プロバイオティクス、プレバイオティクス、有機酸、エッセンシャルオイルを含む幅広い製品群を網羅しています。プロバイオティクスの提供タイプは、乳酸菌、ビフィズス菌、ストレプトコッカスサーモフィルス、などを含む一連の細菌株で構成されています。プレバイオティクスの提供タイプは、市場のさまざまな企業によって提供されているフラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖で構成されています。有機酸セクションの提供タイプは、ギ酸、乳酸、フマル酸プロピオン酸、酢酸で構成されています。これらの製品は、とりわけ腸の健康、免疫力、および出生数の管理に適用されます。

これらのプロバイオティクス、プレバイオティクス、有機酸、エッセンシャルオイルの存在により、ユーバイオティクス市場は飛躍的な成長を遂げています。

ユーバイオティクスの市場規模は、2019年の52億4000万米ドルから2025年には77億4000万米ドルに達し、2019年から2025年までCAGR7.06%で成長すると予測されています。市場の高成長は、食肉の消費と需要の増加、家畜の病気の増加、成長促進抗生物質の利用禁止などが牽引すると予想されています。先進国だけでなく発展途上国の政府も、特に成長促進抗生物質の使用禁止後、ユーバイオティクスを促進するためにいくつかのイニシアチブを取っています。また、肉や肉をベースとした製品の需要と消費の増加も、将来的には市場を促進することが期待されています。

競合環境

ユーバイオティクス市場で急速に普及している先進的ソリューションの利用は、企業がコラボレーション、ジョイントベンチャー、製品の発売、開発やパートナーシップなどの戦略を採用する機会を生み出しています。

ユーバイオティクス市場の既存企業は、ビジネスの拡大と技術の改善に焦点を当てています。さらに、過去3年間に市場での製品発売活動が増加しています。現在、 Chr.Hansen Holding A/S、Koninklijke DSM N.V.、Kemin Industries及びBASFの4大ユーバイオティクス企業は、他の企業の買収や協力により、動物の健康改善への投資を継続的に増やしています。

Anpario、Novus International、Lallemand、LESAFFRE などの他の数社は、市場の支配的なプレーヤーに対抗するために、異なる製品を発売しています。先進的な飼料ソリューションの普及は、動物の健康を効果的に改善するために不可欠です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]