マイクロモビリティ市場:渋滞緩和向けの画期的な交通戦略としてe-スクーター、ドックレスバイク、ステーションベースバイクなどに期待

マイクロモビリティは、渋滞緩和に大きな可能性を持つ革新的な交通戦略と考えられています。調査研究によると、アメリカ人は交通渋滞のために平均で年間99時間もの時間を失っており、マイクロモビリティの新興企業は、交通渋滞緩和に対応する、潜在的な代替手段として浮上しています。

市場は、製品タイプ別、用途別、地域別、国別に分類されます。

製品タイプ別では、e-スクーター、ドックレスバイク、ステーションベースバイクに分類されます。中でも、eスクーターが優位性を維持すると予想されています。

用途別では、民間と商用に分類されます。2019年は、民間部門が市場を支配しており、その優位性を維持すると予想されています。

地域別では、アジア太平洋・日本、欧州、英国、中国、北米、その他の地域に分類されます。

競合状況

市場の競合環境は、牽引力と市場シェアを獲得するために、業界のキープレイヤーが行う様々な戦略で構成されています。サービスプロバイダが採用した戦略には、新製品の発売、事業拡大、合併、パートナーシップ、コラボレーションなどがあります。最も著名なエコシステムプレーヤーは、Lime、Bird Rides、Skip、Mobike、Spin、Uber Technologies、VOI、Hellobikeなどです。

注目すべき展開

2018年6月、Lime社はヨーロッパをターゲットにした電動スクーターをパリで発売しました。2019年5月には、Bird社はバードワンと呼ばれる新しいeスクーターを発表しました。同6月、Bird社は液晶画面を搭載した2人乗りの新たな電動自転車を発売しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]