NVMeの市場規模、2025年に1153億5000万米ドル到達予測 2021年は健全な成長率によるCOVID-19からの回復に期待

不揮発性メモリーエクスプレス(NVMe)市場は、2020年の195億2000万米ドルから2025年には1153億5000万米ドルに達し、予測期間中はCAGR42.66%で成長すると予測されています。市場の成長は、データ生成量の増加、効率的なデータストレージシステムの必要性、データセンターでのNVMe採用の増加が原動力となると予測されています。NVMeの使用には、高帯域幅、低レイテンシー、低消費電力などの利点があり、採用の増加を後押しすると予想されています。

さらに、エッジコンピューティング、5Gおよび6G通信、自律型車両、自然言語処理などの新しいディープテクノロジーアプリケーションの前提条件は、最適なデータアクセスインターフェイスが組み込まれたデータストレージインフラストラクチャであり、高いデータ転送帯域幅と低電力、最小限の遅延などが保証されます。これらの機能は、NVMeインターフェースを搭載することで得られるため、2020年から2025年の間に大きな成長が見込まれています。

NVMe技術は、製造業、通信、ヘルスケア、運輸、銀行・金融、政府機関、教育機関など、さまざまな企業組織で採用され、業務の生産性を向上させています。金融機関や政府機関などの商業組織では、国民の個人記録や財務記録の管理が主な業務となっているため、組織的な業務効率を維持するためにストレージデバイスにNVMeインターフェースが必要とされています。製造業向けには、デバイスと機械を接続するためのインテリジェントプラットフォームの採用が増えていることが、NVMe対応ストレージへの高い需要の理由となっています。さらに、スマート工場の設置を目的とした政府の取り組みも、この業界におけるNVMeストレージデバイスの高い採用率につながっています。

COVID-19が不揮発性メモリーエクスプレス市場に与える影響

世界のNVMe市場は、健全な成長が続くと予想されます。しかし、2020年は、COVID-19パンデミックの影響により、エンドユーザーからのNVMeストレージデバイスの購入が遅れ、制限されるため、NVMe市場の成長は鈍化すると予想されています。また、必需品関連業界では、基本的な生産目標を掲げて操業しているため、目標としていた売上や事業に大きな影響が出ており、事業所内での先端技術の導入が遅れています。また、NVMeストレージ機器のサプライヤーは、世界的なサプライチェーンの変動により、ハードウエアの部品不足に悩まされています。NVMeメモリデバイスの組み立てや設置が減少しています。NVMe市場の成長は2020年の第3四半期中に徐々に回復し始め、2021年からは健全な成長率で復活すると予想されています。運用活動がロックダウン前の状況に戻れば、企業組織はこの技術によりメモリデバイスに保存されたデータに遠隔地から高速でアクセスできるようになります。

地域市場のダイナミクス

NVMe市場は、北米、欧州、アジア太平洋・日本、中東・アフリカの各国で高いシェアを誇っています。北米は世界のNVMe市場の先頭を走っており、米国、カナダなどの市場浸透率が高く、今後5年間は堅調な市場成長が見込まれています。

アジア太平洋地域と日本地域は、NVMeにとって最も有利な市場の1つとして繁栄すると予想されています。アジア太平洋および日本は、日本、韓国、インドなどの国々で工業化が進み、組織全体でNVMeの採用が増加していることから、NVMeにとっての大きな成長機会になると予想されています。この地域の国々は、都市人口の増加、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)などの先端技術の市場浸透率の高まり、Industry 4.0標準の適応に対する政府の有利な投資、すべての事業組織における製造および運用設備の強化を目的とした政策などにより、市場発展の可能性が大きく広がっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]