シリコンフォトニクスの市場規模、2025年には30億7000万米ドルに到達予測 100ギガバイト以上の大容量データ転送など多大な貢献

市場の概要

データ中心の社会への移行に伴い、構造化データと非構造化データの両方のストレージが指数関数的に成長しています。データの保存、計算、ネットワーキングは、新たな可能性をもたらすと期待されています。組織はビッグデータを利用して素早く解決法をみつけ、可能性を最大化し、ビジネスを変革するよう努めています。現在利用可能なデータセンターは、膨大な計算能力、処理能力、ストレージ環境を備えています。さらに、ユーザーの要求と技術革新により、データの管理と測定の新しい方法が開発され、複雑なビッグデータの山から洞察力のある解決策と解釈を導き出すことができるようになりました。特にCOVID-19が進行中の状況では、デジタル化が持続可能性のための最も効果的なツールの1つであり、データセンターとより高速な相互接続が必要になりました。

シリコンフォトニクスは、データ伝送のための光媒体としてシリコンを使用する技術です。この技術は、コストとエネルギー効率の両面で優れており、100ギガバイト以上の大容量データ転送や、インターネットの速度低下に関する問題の解決に多大な貢献をしています。大量のデータを迅速に転送するための課題は、高密度フォトニクスとフォトニクスデバイスの統合によって解決できます。

世界のシリコンフォトニクス市場は、2019年に5億2000万米ドルを占め、2025年には30億7000万米ドルに達すると予測されています。同市場は、2020年から2025年までの間にCAGR 33.95%で成長すると予測されています。インターネットの急速な拡大とモバイル採用の増加は、シリコンフォトニクスが市場機会を得るための主要な要因一つです。長年にわたり、主要なプレーヤーがシリコンフォトニクス市場に関心を示しています。Intel Corporation、Cisco Systems、Inc.、IBM Corporation、Juniper Networks、Inc.などの企業は、市場に大規模な投資を行っており、製品を改良し、主要な市場シェアを獲得しています。

競合環境

企業が採用している戦略には、新製品の発売、事業拡大、パートナーシップ、コラボレーションなどがあります。IBM Corporation、II-VI Incorporated、Infinera Corporation、Intel Corporation、およびJuniper Networks, Inc.は、市場をリードするプレーヤーの一角です。市場には多数のプレーヤーが存在するため、競争が非常に激しい状況となっています。そのため、技術革新と開発が市場の大規模な成長の要因となっています。メーカーは足跡を残すため事業を拡大しており、また、顧客ベースと全体的な市場範囲を拡大するために、戦略的パートナーシップを締結しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]