AI対応イメージングモダリティの市場規模、2030年には26億4960万米ドルに到達予測 放射線科医の作業量の増加や巨額な研究開発投資などが市場成長を後押し

市場の概要

AI対応イメージングモダリティの市場環境は、現在、大きな変化を遂げています。医療インフラ開発への投資が増加しており、治療や診断支援において効率的で有望な結果を得るためのエビデンスが増加しています。この事が、AI対応イメージングモダリティ市場の潜在的な成長機会につながっています。さらに、AIを搭載した画像処理システムを開発する新興企業やソフトウェア会社のヘルスケア分野への参入が拡大しています。これら全ての要因により、AIを搭載したイメージングモダリティシステムの、大幅な売り上げ増加につながっています。

AI対応イメージングモダリティ市場は、2019年の2億1440万米ドルから2030年には26億4960万米ドルに達し、2020年から2030年までのCAGR23.32%で成長すると予測されています。臨床的意思決定の複雑化、放射線科医の作業量の増加、巨額な研究開発投資が市場成長を後押ししています。一方で、市場の成長を抑制している重大な問題と抑制要因があります。AIなどの先端技術を採用する事への医師の消極的な姿勢や、医療データに関連するプライバシーやセキュリティの問題などです。これらの促進傾向により、ヘルスケアサービスロボット市場は多大な影響を受け、今後の5年間でAI対応イメージングモダリティ市場は何倍にも成長すると予測されています。

競合環境

市場は、大小、多数のメーカーおよびベンダーで構成されています。現在、医療分野におけるAIの採用が増加しているため、市場に参入しているメーカーには、製品市場を拡大し、確固たる足場を築くための十分な機会が与えられています。

2016年2月から2020年7月の間に、市場では約40件の新規提供、32件のパートナーシップ、提携・事業拡大、27件の規制・法的承認、13件の資金調達活動、6件のM&A、1件の調達・販売が報告されています。

市場のほとんどのメーカーは、企業間だけでなく、大学や研究機関とのコラボレーションやパートナーシップを重要な戦略として取り入れており、斬新なAI内蔵医療画像処理システムを開発し、強固な財務状況を手に入れています。

市場の主要プレイヤーは、Koninklijke Philips N.V.、Siemens Healthineers AG.、General Electric Company、キャノン、Butterfly Network, Inc.、Hyperfine、United Imaging Healthcare、Exo、Yorlabs、Agfa-Gevaert Group、Hologic, Inc.、富士フィルム、コニカミノルタ、Nanox、Tissue Differentiation Imaging (TDI)などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]