デジタル航空管制塔市場、2020年から2025年はCAGR 28.73%で成長予測 2019年は欧州が推定51.78%で独占

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「デジタル航空管制 (ATC) 塔の世界市場 (2020-2025年):運用タイプ・システム・用途・地域別」 (BIS Research Inc.) の販売を11月*日より開始いたしました。

市場の概要

デジタル航空管制塔市場は、2020年から2025年の間に、CAGR 28.73%で成長すると予測されています。2019年の市場は、欧州が51.78%の推定シェアで独占しました。同地域の成長は、欧州連合(EU)のSESARイニシアチブに起因するものと考えられます。Aena、Airbus、Eurocontrol、Frequentis、Honeywell、Indra、NATS Holdings、Selex ES、Thales Groupなどの企業は、航空交通管理の高度化のための様々なシステムを提供するSESARプロジェクトに参加しています。

市場は、デジタル航空管制塔のトレンドをサポートする航空当局や国際機関だけでなく、主要なプレーヤーの努力により、広く重要性を増しています。さらに、機械学習、IoT、人工知能(AI)、機能強化のための高度なセンサーシステムなどの技術開発が市場の成長を後押ししています。

市場の分類

市場は、運用タイプ別、システム別、アプリケーション別、地域別に分類されています。アプリケーション別では、さらに通信、情報・制御、フライトデータ処理、監視、可視化などに細分化されます。運用タイプ別では、単一リモートタワー、複数リモートタワー、緊急時リモートタワーに細分化されています。

地域別では、北米、欧州、APAC(アジア太平洋地域)、その他の4つの主要地域に分類されています。

市場の主要企業

市場の主要プレーヤーは、Saab AB、Frequentis Group、Thales Group、Indra Sistemas, S.A.、Raytheon Technologies、L3Harris Technologies Corporation、Northrop Grumman Corporation、Lockheed Martin Corporation、Searidge Technologies、Leonardo S.P.A.、Kongsberg Gruppen、Rohde & Schwarz Emirates L.L.C.、NATS Limited、Avinor AS、Skysoft-ATM SAなどが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]