非侵襲的出生前検査市場 NGS技術を利用した開発で急成長 遺伝性疾患の早期検出に貢献

市場の概要

非侵襲的出生前検査(NIPT)は、胎児に発生する染色体異常のスクリーニングに使用される高度な検査方法です。現在、NIPTは、費用対効果の高い効率的な遺伝性疾患の早期診断として、妊婦にとって貴重な検査と考えられています。さらに、ゲノムシーケンシング技術の進歩は、次世代シークエンシング(NGS)による診断のターンアラウンドタイムと複雑さを軽減しています。NGS技術は、様々な遺伝性疾患の早期かつ正確な検出のための非侵襲的診断手順を開発する機会を提供しています。ライフサイエンス業界は、NGS技術を利用して開発されたNIPT検査の成長を目の当たりにしています。現在、いくつかのバイオテクノロジー企業がこのようなNGSベースのNIPT製品の研究開発に取り組んでいます。さらに、ライフサイエンス業界におけるゲノムシーケンシング技術の出現により、企業は、遺伝性疾患を早期に検出し正確な結果を提供することで、市場での競争力を維持することができます。NIPTは出生前検査産業の中で最も急速に発展している部門の一つです。

市場は、試験、方法、プラットフォーム、アプリケーション、エンドユーザー、地域ごとに分類されています。

競合環境

NIPT市場では、現在、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Illumina, Inc.、Agilent Technologies, Inc.、BGI、Laboratory Corporation of America Holdings、PerkinElmer Inc.などの大手企業や、その他の中堅・中小企業の存在により、様々なNIPT製品とサービスが提供されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]