表面処理剤市場、2025年には78億3350万米ドルに到達予測 防錆薬品が最大シェアを支配、不動態化処理薬品は最速で増加

市場の概要

表面処理剤市場は、特に自動車、一般産業や機械、コイル産業、航空宇宙、金属加工、ガラス、木材産業などを含む他の産業とともに成長しています。これらのエンドユーザーは、材料が適用される基板・コンポーネントの耐久性、美観、耐食性、耐候性、および寿命を向上させるため、表面処理剤を採用しています。また、最近ではCOVID-19ウイルス対策に有効な表面処理薬品が開発されています。

表面処理剤には様々な種類がありますが、中でも最大シェアを占めているのが防錆薬品です。しかし、2020年から2025年は、不動態化処理剤の採用が急速に増加すると予想されています。

様々な基材・表面タイプの中で、金属が最大市場シェアを占めています。しかし、木材やガラスなどの他の表面処理剤の需要は、2020年から2025年の間に最速の成長が見込まれています。

表面処理剤の需要拡大とは別に、市場の成長を制限する可能性のある問題が存在します。その問題には、六価クロムなどの有害クロム含有量の放出に関連した厳しい環境基準や、COVID-19ウイルス対策としての世界的なロックダウンによる、自動車産業や航空宇宙産業への深刻な影響などが含まれます。

表面処理剤市場は、2019年の61億8740万米ドルから、2025年には78億3350万米ドルに達し、2020年から2025年まではCAGR 6.19%で成長すると予測されています。市場の成長は、自動車、一般産業、産業機械、コイル産業、航空宇宙など、成長を続ける最終用途産業での表面処理剤の採用が増加していることに起因しています。これらの材料は、ALANOD GmbHによるMIRO UV-C製品の開発により、COVID-19対策に有効であることが証明されています。

競争環境

表面処理剤は、適用される材料の耐久性、耐食性、耐候性、美観、寿命を向上させてきました。その結果、これらの材料は、自動車、一般産業、産業機械、航空宇宙、および、金属加工、ガラス、木材など他の部門でも人気を集めています。中でも、自動車分野は高い採用率を記録しており、市場参入者と新規参入者の両方に市場機会を提供しています。

Aalberts Surface Treatment、ALANOD GmbH、Chemetall GmbH、Henkel AG&Co。KGaA、OC Oerlikon Corporation AG、SOCOMOREなどのいくつかの企業が新製品の発売に関与しました。 Chemetall GmbH、Henkel AG&Co.KGaA、日本パーカライズ株式会社、日本ペイント株式会社、PPG Industries、Inc.、Quaker Chemical Corporation、SurTec、およびKeroniteが事業拡大に関与しました。Aalberts surface treatment、ALANOD GmbH、Chemetall GmbH、OC Oerlikon Corporation AG、Quaker Chemical Corporation、SOCOMORE、およびSurTecは、他の会社・企業・組織との合併および買収に関与しました。ChemetallGmbH、日本パーカライズ株式会社、日本ペイント株式会社、PPG INDUSTRIES、INC、およびSolvayは、他社とのパートナーシップ、コラボレーション、および合弁事業の立ち上げに関与しました。

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]