リキッドバイオプシー、外科的組織生検に代わる非侵襲的な臨床検査として移植拒絶反応評価や感染症診断に利用

リキッドバイオプシーは、外科的組織生検に代わる非侵襲的な臨床検査です。リキッドバイオプシーにおいて、医師は、がん患者を通して血液または他の液体ベースのサンプルを評価し、腫瘍に関するより広範な情報を発見することができます。

従来、リキッドバイオプシーのサービスは、主に治療の決定、再発のモニタリング、およびスクリーニングなどの腫瘍学的な設定に焦点を当てていました。しかし、市場に新たなプレイヤーが登場したことで、リキッドバイオプシーに基づく移植拒絶反応評価サービスや感染症サービスは、現在の診療の主要な部分となりつつあります。現在、GUARDANT HEALTH、CareDX、Chronix Biomedicalなどの数社がこれらのサービスを提供しています。市場への新規プレイヤーの参入は、コスト削減とリソースの最大化に通じる展開と相まって、現在の市場を変革しています。

リキッドバイオプシーの既存市場は、癌の有病率の増加、市場における無機的成長戦略の採用の増加、NCIの資金調達の増加など、複数の要因によって支持されています。

市場は、提供される技術(NGS、PCR、FISH、その他の技術)、ワークフロー(サンプル調製、ライブラリー調製、シークエンス、データ解析)、使用法(RUO、診断)、サンプル(血液および非血液サンプル)、循環バイオマーカー(循環腫瘍細胞、無細胞DNA、循環RNA、エクソソソーム、細胞外小胞)に基づいて分類されます。さらに、製品(検査・サービス、キット・消耗品、器具)、がん適応の種類(肺がん、乳がん、前立腺がん、大腸がん、メラノーマ、その他のがん)、臨床応用(治療モニタリング、予後・再発モニタリング、治療選択、診断、スクリーニング)、地域(北米、欧州、中南米・中近東、アジア太平洋)により分類されます。

競合環境

GUARDANT HEALTH、Biocept、Bio-Rad Laboratories、Cynvenio Biosystemsなどの主要プレイヤーが、市場の相乗効果となるパートナーシップや提携を牽引しています。地域別では、2020年から2030年を通して北米がトップの座を維持すると予想され、欧州がこれに続きます。高い成長は、北米における業界をリードするプレイヤーの存在と、がんの罹患率の上昇により、もたらされています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]